出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【駒込スリーセブン閉店】2020年9月27日閉店

   

東京都豊島区、山手線・京浜東北線の駒込駅南口すぐの場所にあるパチンコ店、スリーセブンが2020年9月27日をもって閉店することになりました。

スリーセブンとは?

スリーセブンとは、駒込駅東口出口を降りて直ぐの場所にあるパチンコ店です。

パチンコ 94台 / スロット 47台 の遊技機を持つ、2階建ての店舗です。

地域密着型のお店で、正月に行くと、お客全員に簡単なお茶菓子(600円ぐらい?)とペットボトルのお茶を配ったりしてくれますし、景品も、ご当地のお菓子を置いておいてくれたりと、お客に対する思い入れを感じるホールでした。

この場所で37年間にわたり営業を続けてきた店舗です。駒込のシンボル的な存在といっても過言ではなく、こういったお店が閉店してしまうのは、ファンの方を初め色々と残念だと思います。

スリーセブンの貯玉・貯メダルの交換期限

駒込スリーセブンの貯玉・貯メダルの交換期限は、2020年9月27日(日)までとなっています。この日以降の交換については、貯玉保証協会を通した形での交換となり、カタログギフトからの交換となりますので、なるべく9月27日までに交換することをおすすめします。

駒込スリーセブン閉店の理由

駒込スリーセブン閉店の理由ですが、おそらく決定的な要因となってのはコロナだと思います。東京都の自粛要請により、東京都内のパチンコ店は、4月、5月の約2カ月間は、営業自粛となりました。

この間は営業しておらず、この分の利益は全く無いわけです。東京都からの保証はありますが、パチンコ店にとってはスズメの涙程度の金額であり、補填しきれなかったのでしょう。

6月から営業を再開しましたが、コロナによる不況や、コロナに感染するのではといった懸念からお客もさらに減る傾向にあり、今後も増える要素がないことから、閉店を決めたものと思われます。

コロナによる自粛要請ではその他多くのパチンコ店が閉店をしています。どちらかというとこのような遊戯機200台以下の地域密着のお店が多く、残念だなと思うことと、さほど儲けていなかったのかなとも思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

spadosens

 - 閉店情報 , , , ,