出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

たこつぼ型心筋症とは、原因、症状について

   

熊本地震の被災者の中で、たこつぼ心筋症になっている人がいます。

たこつぼ、という名前は、文字通りたこ漁に使われる壷のこと。

それって食べ物か-?と思う人がいるかもしれませんが、実は病名の一種です。たこつぼ心筋症について調べてみました。

images (4)

たこつぼ型心筋症とは

たこつぼ心筋症とは、心臓の左心室の尖った部分の一過性の収縮低下をきたす心疾患の事です。

2000px-Diagram_of_the_human_heart_(cropped)_ja.svg

心臓は、図のように右心室と、左心室というものがあります。この心室の働きは、酸素をいっぱいに含んだ血液を ポンプの作用で体中に送り出すことです。毎分60回 から90回収縮して血液を送り出しているのですが、心室全体で収縮を繰り返すことで、血を体中に循環させる役割を行っているのですが、たこつぼ心筋症にかかっている人は、左の心室の先端部分が収縮しない状態になっており、その左心室の形がたこつぼに似ていることから、たこつぼ心筋症と名づけられました。

img_95_zu8

たこつぼ心筋症の原因

何らかの身体的・精神的ストレスにより発症することが多く、自然災害時にはたこつぼ型心筋症の発症が増えるというデーターがあります。

新潟でおきた中越地震では、地震の前後で比較し地震後に発症数に明らかに増加したことが分かっています。
(最大震度7、マグニチュード6.8、死者約60名、負傷者約4,800名2004年10月23日発生)
新潟中越地震の震源に近い8つの病院で調査した結果、
地震前の4週間前では1症例のみ、地震後の4週間では25症例が発症しました。
⇒地震による精神的、身体的ストレスが発症と関係があることを裏付けています。
東日本大震災でも多く発症しています。

その他にも下記のような様々な原因があるとされています。
強烈な精神的ストレス (30% 女性に多い)
身内の死、虐待、喧嘩、大病の診断など・・・
強烈な身体的ストレス、急性内科疾患 (40% 男性に多い)
感染、脳卒中、急性呼吸不全、急性腎障害、術後など・・・
明らかな誘因なし。30%

たこつぼ心筋症の症状

血を循環させる心臓の機能が弱っていることから起こる症状で、以下のようなものがあげられます。

 

胸痛・胸部不快など 67%

心電図異常 20%(心電図異常は不整脈と診断されます。不整脈とは、心拍数やリズムが一定でない状態。原因は心臓です。過度のストレスで心電図異常が出たときは、たこつぼ心筋症を疑ったほうがいいかもしれません)
呼吸困難 7%
血圧低下・ショック 5%

たこつぼ心筋症の治療

一般的には良好で自然に軽快・治癒することが多いですが、急性心不全・心原性ショック・心破裂・脳塞栓を形成する場合があるため入院を必要とします。決して軽視はできません。

院内死亡は4.2%と少ない。
死因は発症の引き金となった基礎疾患による非心臓死が多い。
死亡例の81.4%が急性腎不全、呼吸不全、脳卒中、非心臓手術など。
重度の基礎疾患あり⇒死亡率12.2%
基礎疾患なし⇒死亡率1.1%
心臓死の多くは心原性ショックと全身塞栓症で、稀に心破裂が報告されています。

ストレスというのは、自然とたまってしまうものかもしれません。また個人個人に差があるのも事実。ストレス発散を意識的に心がけて生活するのが良いのかもしれません。

images (5)

記事引用(被災地熊本で、たこつぼ心筋症に注意)

「たこつぼ心筋症」被災地で発症恐れ

読売新聞(ヨミドクター) 4月21日(木)11時0分配信

 今回の「震災関連死」では、エコノミークラス症候群と心不全の人が含まれていた。小井土雄一・国立病院機構災害医療センター臨床研究部長は、頻発する強い余震がストレスを与えていること、車中泊が多いことが背景にあると指摘。

高田文夫さん心肺停止…2週間、生死をさまよう

その上で、「健康不安を抱える人は、被災地の外への一時的な広域避難も検討してほしい。屋外にとどまる場合、可能ならテントを調達し、横になって休んだ方がいい」と呼びかける。

小井土さんによると、東日本大震災では寒かったこともあって肺炎が目立ち、このほか心臓病、脳血管障害による死亡も多かった。

 被災者が発症しやすい病気の一つが「たこつぼ心筋症」だ。心臓の一部が収縮しなくなり、左心室がたこつぼのように見えることから、この名が付いた。突然の胸の痛みや息苦しさ、全身のだるさなどの症状が出る。高齢女性に多い。

持病がなくても発症することがある。発症の仕組みはよく分かっていないが、精神的なストレスが影響しているとされる。兵庫医科大学の増山 理(とおる)教授(循環器内科)は「避難所では周囲に気を使って我慢する人がいるが、心臓の状態が悪くなるので、症状が出たらすぐに医師に診てもらってほしい」と話す。

避難所では、感染症も流行しやすい。食事の前には手洗いをし、おむつは所定の場所に捨てる。持病がある人は、手持ちの薬が切れることも懸念される。中断せず飲み続けられるよう、医師に相談することも大切だ。(医療部 佐々木栄)

spadosens

 - 国内記事 , , , ,