出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

ニュースに出てくる再逮捕とか追起訴って何?

   

ニュースで○○を再逮捕しました。とか、△△を追起訴しましたとか流れます。

あれ?ちょっと前にも同じ人が逮捕されたとか、起訴されたとかという報道があったぞ!何だこれは?

images

と疑問に思う人がいるでしょう。

そんな方の為に、再逮捕、追起訴の事について分かりやすく解説します。

よろしくお願いします。

逮捕から再逮捕、追起訴までの一連の流れ

日本の警察に逮捕された場合、逮捕後は、決まった流れで進んでいきます。再逮捕、追起訴の前にその理解が増すと思うので、よろしかったらご一読をお願いします。時間が無い方は、先の再逮捕、追起訴の項目をごらんください。

逮捕

→逮捕後は警察から取調べを受けます。この取調べは、逮捕後48時間以内に終わらせなければならないという決まりがあります。逮捕後は留置所で過ごすことになります。

警察から検察へ送検

→警察の取調べが終わると、つかまった人は、検察へと送られます。手錠をつけた状態で護送バスに乗せられ

ダウンロード

検察についたら、検察官と話をします。

検察は逮捕された人と話をして、この人を起訴するかどうかを判断するのです。具体的には、本当に犯罪を犯しているのか、その場合どんな刑罰が該当するか?起訴して有罪にできるのか等を基準に判断します。

それを24時間以内に終わらせないといけません。

24時間というと長く感じますが、検察官との話は、どんなに長くても1時間程度だそうです。その前に警察が取調べを済ませており、その資料は検察官の手に渡り目を通しているので大体は把握しています。

検察官と話をした後、検察官がこの逮捕された人の身柄を拘束する必要は無いと判断すれば、不起訴で釈放となったり、略式起訴(通常の起訴よりも簡単な手続きでの起訴)で、拘束されなくなったりします。

ただし、検察官がこの逮捕された人は、まだ調べることがあると判断した場合、10日間の拘留(警察に身柄を拘束され、留置所などで過ごす)となります。

拘留

検察がこの人拘留。まだ取り調べることがある。と判断すると、逮捕された人は、警察の留置所に身柄を拘束されます。この留置所というのは、4畳半ぐらいの部屋に4人ぐらいの人が入っています。

ryuti

この狭い部屋の中で、電話も無い、テレビもネットもない中で1日を過ごすのです。

食事は支給されますが、小さな窓から弁当とお茶が入れられるだけです。3食以下のような弁当

c849901ce45e3e87f18791db023d9d45

お坊さんみたいな人以外、普段好きなものを食べている人にとっては、発狂するかもと言えるレベルの食事でしょう。

1日、2日なら良いですが、10日もこの食事となったら、○○軒のラーメンが食べたいなーとか思うはずです。

images (2)

食事は決められたもので、好きなものが食べれず、出前なんて取れません。風呂も、3日に1回とかでしか入れません。入浴できる時間も数十分と決められています。外部から遮断されて、外部の情報が入らない所です。決して居心地が良い場所ではありません。

でも決められているので、もう一回検察に呼ばれるまでの間、この環境で過ごすのです。

起訴か不起訴

検察官から拘留請求が出された人は、10日間留置所で過ごします。その10日間の間に、再度検察から呼び出しがかかりますので、再度手錠をつけられたまま護送バスに乗って検察に向かいます。

再度検察官と面会して話をします。この時に、検察から起訴か不起訴か、もう10日間拘留を延長するかの3つの内のどれかを言われます。

起訴をされてしまうと刑事裁判に移ります。刑事裁判まで進むと、99.9%が有罪となります。

不起訴の場合は、無罪ということで、釈放。

10日間の拘留の延長の場合は、ここから10日間留置所に身柄を拘束されます。10日間の間に再度検察に呼ばれます。呼ばれたときは、起訴か不起訴を言われます。

拘留は最長でも20日間しかできませんので、1つの事件での拘束期間は、逮捕の際の取調べでの3日間、拘留の20日間で、最長23日間です。

起訴されたら

起訴された後は、刑事裁判となります。裁判所で裁判が行われますが、裁判所は他の事件の順番待ちのことが多く、通常は起訴されてから1ヵ月ぐらい後になります。

起訴後、裁判を待つまでの間、逮捕された人は、通常は拘置所という、裁判待ちの人を収容する施設に移動し、そこで裁判を待つか(拘置所が満員の場合は留置所で過ごすこともあり)保釈金を納付することで、拘束されないで過ごすこともできます。しかしこの保釈金は、納付をすれば誰でも出られるというものではありません。

身元引受人がいる。裁判の日まで逃亡する恐れがない。出たら復讐をしてやるというような動機が無い。証拠をなくしてしまう理由が無いなどの条件があり、それを裁判所が認めた場合は、一時的に外にでることができます。

裁判

起訴されたら、最後は裁判となります。

ここで罪状が決定します。

一般的に初犯(初めて犯罪を犯した人)は刑が軽くなる傾向にあります。

486465_pcl

再逮捕とは

再逮捕とは、今現在逮捕されている犯罪者に対して、他にも犯罪が発覚した場合、別件で再度逮捕するという意味です。

野球の清原容疑者ですが、初めは覚せい剤の所持(覚せい剤を持っていた罪)で逮捕されましたが、数週間後、今度は覚せい剤使用の罪で再逮捕されています。

また、未成年の誘拐で逮捕された寺内氏も、初めは未成年誘拐で逮捕されましたが、その後の警察の取調べで、未成年を監禁していたことが発覚し、監禁罪で再逮捕されています。寺内氏に関しては、強姦をしている可能性もある為、今後は強姦罪で再逮捕されるかもしれません。

逮捕後の調べで余罪が発覚した場合、再逮捕ということになるのですが、1つの事件に、複数の刑罰が絡んでくることが多いので、比較的多く流れるニュースであると思います。

再逮捕の後は、上記の一連の流れのとおりに進みます。まずは逮捕され、2日以内に警察の取調べを行い、その後、検察に送られ、拘留するか起訴、不起訴とするかが決まります。

ただし再逮捕は別事件での逮捕の為、逮捕の時から再度拘留されることとなります。

覚せい剤の所持の罪で逮捕され、最長の拘留20日間となり、やっと出られると思ったら、今度は使用の罪で再逮捕され、そこからまた拘留が20日間ついたとしたら、2件の罪で、最長46日間も留置所に身柄を拘束されることになります。1ヵ月を超えたら、精神的におかしくなりそうですが、現実にはそういう方も多々いるようです。

ダウンロード (1)

追起訴とは

起訴とは、警察が逮捕した人物の取調べを行い、ほぼ黒で間違いないと思えば、その時の取調べの資料を添付して、検察官に身柄を送ります。

検察官は警察が逮捕した人と面会し、この人は確実に罪を犯している。裁判所に裁いてもらおうと思った場合に、起訴します。起訴すると裁判になり、裁判官から裁きが言い渡されます。

追起訴とは、逮捕されている人が、再逮捕された時、その再逮捕された罪で再度裁判をする場合にする起訴の事を言います。

清原容疑者は、覚せい剤所持で逮捕→起訴。覚せい剤使用で再逮捕→追起訴。覚せい剤譲り受けの罪で追起訴されています。

追起訴とは、通常再逮捕をして、身柄を拘束し、容疑者から犯した犯罪について聞き出し、その犯罪について、検察が起訴すると判断した場合に追起訴となります。

なので、再逮捕されたとしても、その事件について、検察が不起訴とした場合は、追起訴とはなりません。

また清原容疑者の覚せい剤譲り受けの罪は、再逮捕しなくても証拠が起訴するための十分な証拠がそろっているということから、再逮捕がなく、追起訴のみとなっています。

色んなケースがありますが、基本的なことは上記です。日本国では上のような感じで逮捕後の手続きが進められますので、頭に入れておいたほうが良いかもしれません。

 

 

spadosens

 - 国内記事 , , , , ,