出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

柔道整復師が大麻販売。柔道整復師ってどんな資格・仕事?

   

東京豊島区の接骨院の診察室で、柔道整復師である院長が、知人に大麻を販売したとして逮捕されたニュースが流れました。

自らが院長を勤める接骨院の中ならばバレないと思ったと警察に話をしておりますが、おそらくですが、大麻所持の客が、警察から購入先を聞かれた際、ここで購入したと話をしたのでしょう。

それはさておき、柔道整復師について調べてみました

question

柔道整復師とは

柔道整復師とは、整骨院の先生になりたいとか、スポーツトレーナとして、怪我を治したいという人が取得する国家資格です。

柔道整復師の仕事は、骨や間接、筋肉、腱、靭帯などが打ち身などの強い衝撃により加わる力で発生する、骨折、脱臼、打撲、捻挫などの怪我に対して、手術をしないで、整復(骨折や脱臼(だっきゅう)の生じた箇所を、もとの正常な位置になおすこと)固定などの治療をすることです。国が認めた専門医です。

柔道整復師の治療方法は、大まかに3つあるとされており、以下の方法で治療を行います。

①整復法 骨折した箇所を元の状態に戻す。また肩などの関節が外れた場合、元に戻すためにする技術のこと。

②固定法 骨折や脱臼などをしてしまった場合に、三角巾や包帯、副木などを使って幹部を固定する治療法です。

③後療法 損傷した組織を回復する治療法をいいます。物理療法、運動療法、手技療法の3つの治療法があります。

柔道整復師の歴史

柔道整復師が用いる治療法は、柔道整復術といいますが、その歴史は古く、戦国時代の武術にたどることができます。

戦国時代の武術の書物には、活法という記述が見られますが、この活法とは、外傷を治癒する技術であり、これらのうち、活法が発展して今の柔道整復術が出来上がったとされています。

b0287744_22351688

柔道整復師の国家試験の概要

柔道整復師の国家試験は、年に1回実施され、毎年3月上旬に筆記試験が行われます。 医療資格なので解剖学や生理学、一般臨床医学などの科目も含まれ、試験科目は全部で11科目あります。

ほとんどの受験生は、高校卒業後、

専門学校に入学→受験

4年生大学または短大に入学→受験

といった流れで資格を取得しています。

柔道整復師の魅力

柔道整復師の一番の魅力は骨折・脱臼・捻挫・打撲・肉ばなれなど、各種損傷に対して、 整復・固定・後療法を行い機能を回復させることが出来ることです。

手術というと、なんとなく体が傷つくというイメージがありますが、柔道整復師は、メスを入れるということではなく、体の中にある自然の治癒力を引き出すような治療法の為、手術が嫌いな人や、手術では直らない人に対して、医者とは違う面から、その人の健康を支えることが出来る、とてもやりがいのある仕事であると思います。また柔道整復師の治療は保険が適用されます。

次の魅力は、なんといっても独立開業が出来ることです。

日本の国家資格の中で独立開業が出来るものは、以下の資格です。この中に入っているのは魅力です。その他、定年が無い等もあります。

【独立開業が出来る国家資格】

公認会計士、税理士、弁理士、司法試験、司法書士、行政書士、不動産鑑定士、宅地建物取引士、土地家屋調査士、建築士、医師国家試験、歯科医師、獣医師、理容師・管理理容師、美容師・管理美容師、クリーニング師、調理師、初生雛鑑別士、あん摩マッサージ指圧師、はり師・きゅう師、柔道整復師、製菓衛生師、海事代理士、パン製造技能士

記事引用(柔道整復師が大麻販売で逮捕)

接骨院で知人に大麻売る 柔道整復師を逮捕

日本テレビ系(NNN) 4月14日(木)10時45分配信

東京・豊島区の接骨院の診察室で、大麻を知人に売ったなどとして、柔道整復師の男が逮捕された。

大麻取締法違反の疑いで逮捕されたのは、豊島区にある目白接骨院の経営者で柔道整復師の岡野達徳容疑者(43)。警視庁によると、岡野容疑者は今年2月、接骨院の診察室で、知人の男に大麻樹脂約3グラムを2万4000円で売るなどした疑いがもたれている。診察室の机の引き出しからは、ビニール入りの大麻が7袋見つかったという。

岡野容疑者は調べに対し、「接骨院は売買に安全な場所だと思った。過去にも接骨院で何度か売った」と容疑を認めているという。

最終更新:4月14日(木)10時45分

日テレNEWS24

spadosens

 - 国内記事 , , ,