出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

高所平気症を防止する方法。子供の高所階からの転落事故に学ぶ

   

4月10日午後3時ごろ、大阪市阿倍野区にある43階建てマンションから転落死した女児のニュースがありました。この女の子は、空を飛ぶアニメを見ていた際、ベランダから柵を飛び越えて落下したものと推定されています。

43階の高さといったら、一般的なマンションで、地面から約200mの高さです。

e9de6aec

43階から真下を見たらこのような景色が広がっているのでしょう。

高所を怖いと思う人なら、怖くて足がすくんだり、動けなくなったりします。とてもではないですが、飛び降りようだなんてしません。

亡くなった女児の両親も、こんな高いところから飛び降りてしまうなんて、想像も出来なかった事と思います。

でも今の時代、こういう高い場所を高い場所とも思わない、高所平気症の子供が増加し、マンションの高層階から転落死してしまうという悲しいニュースが相次いでいます。

高所を高所と思わず、飛び降りてしまうこともある高所平気症について調べてみました。

高所平気症とは

高所平気症とは、高い所にいてもそこが高いところであるという認識がなく、恐怖心も無い人達をあらわします。例えば、地上10階のマンションの屋上は、地上から30m程度の高さになります。そこから落ちたら→死ぬ。というのが現実的な考えですが、高所平気症の人達は、そこから眼下を見ても、怖いという感情はありません。また高いから危険という感覚も無いのです。

ダウンロード

高所平気症になる原因

子供が高い場所が危険かどうかを判断する感覚は、4歳ごろまでに大人の約8割ほどのレベルにまで発達しますが、この時期をマンション等の高層階で過ごす子供が多くなりました。子供は、自分の目線の高さを基準に地面との距離を把握し、高いかどうかを判断します。マンションの高層階などの部屋から外を見れば、空に近い景色が見えても地面が見えない為、空に近い景色が当たり前の景色。そこが高い所であるとか、怖い場所であるとかという感覚が育ちにくいとされています。

また都心部ではマンションの1室は限られた広さの空間の為、少しでも広く使おうと、ベランダにテーブルを置いて、晩酌をしたり、コーヒーを飲んだり、ほっと一息つくライフスタイルも身につきましたが、高いところを高いと思わない子供がいる場合は、そのテーブルなどを乗り越えて外に出て行こうとしてしまうため、危険です。

高所平気症の子供は、ベランダにテーブルがあったら、その上に立って、手すりにつかまりながら平気で身を乗り出しながら眼下を眺めるという行為をします。普通の人は怖くて出来ないのに、恐怖心が無いので、やってしまうのです。

地震が起きたらとか、頭が重いので、バランスを崩したらなどと考えるのは、高所怖いと考える人達で、転落→死ぬという感覚がない人はかなり危険な行為です

corddiary3

高所平気症にならない為に

子供が高い場所が危険かどうかを判断する感覚は、4歳ごろまでに大人の約8割ほどのレベルにまで発達します。マンション等の高層階に暮らす子供は、意識的に地上で遊ぶ機会を取り入れてほしいとされています。公園にある滑り台やジャングルジムなど、地面が見える範囲でさまざまな高さの遊具などで遊ぶなどし、感覚をつかませることが重要だという。

ダウンロード (1)

images

高所平気症の防止策

マンションの高層階のベランダについては、

1、ベランダの柵を高くして、子供が手すりに届かないようにする

2、柵によじ登れないようにする。(よじ登れるような柵を設置しない)

3、椅子、テーブルなど手すりを越えられるようなものを置かない

4、エアコンの室外機と柵の間を60センチ以上開けること

(エアコンの室外機がベランダにある場合の話です)

rimg2558

(エアコンの室外機。この室外機の天板の上に乗り、そのまま柵につかまったり、その場所からジャンプして柵につかまる危険性もあり、柵から離すことが重要です)

等、物理的に柵を越えられないような工夫が必要です

記事引用(マンション43階から女児転落)

6歳女児が43階建てマンション最上階から転落し死亡 家族が目を離したすきに

産経新聞 4月10日(日)23時56分配信

 10日午後2時50分ごろ、大阪市阿倍野区松崎町の43階建てマンションの敷地内で、小さな女の子が倒れているのを住人の男性が発見し、110番した。大阪府警阿倍野署によると、このマンションの最上階に住む小学1年の女児(6)で、全身を強く打っており搬送先の病院で死亡が確認された。

同署によると、女児は直前まで家族と一緒に居間でビデオを見ていたが、少し目を離した間に姿が見えなくなり、家族が探していたという。高さ約1メートルの手すりがあるベランダに通じる窓が開いており、女児が誤って転落した可能性が高いとみて、同署が詳しい状況を調べている。

 

spadosens

 - 国内記事 , , , ,