出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

パチンコ屋の景品交換所内にいる人に虫除けスプレーで強盗未遂をした人の罪は?

   

4月4日、午前11時過ぎ、福島県二本松市榎戸2丁目のパチンコ店の駐車場内にある景品交換所の交換所内の女性(69才)に対して、虫よけスプレーをかけ、強盗しようとした男が逮捕された事件があった。

41TeI5JE8OL

通常強盗といったら、催涙スプレーなんかが一般的だと思うのだが、

2130190

虫除けスプレーをかけられた女性(69歳)もたまらなかったことだろうが、

催涙スプレーよりかは良かっただろうとなんとも複雑な気持ちになった事件であるが、単に強盗をしようとして虫除けスプレーを吹きかけたこの男の罪状はどのようになってしまうのだろうか?調べてみました。


景品交換所のおばちゃんに虫除けスプレーを吹きかけた男の罪とは

景品交換所内にある現金を奪い取る目的で、景品交換所の中にいた女性従業員に対して、虫除けスプレーを噴射した男性は、強盗未遂事件として取り扱われます

(現在は逮捕されており、警察が事情徴収をしています)

強盗未遂罪の場合でも、規定上は、5年から7年以下の懲役刑になることが多いようですが、通常の強盗というのは、人が抵抗できないぐらいの暴行を加えたり、刃物などで脅すことにより、金品を奪うこととなっているため、今回の虫除けスプレーの威力?がそれらと同等であるか?計画的な犯行であったか?など問われることになると思います。

動機はおそらくですが、単純にパチンコに負けた腹いせでやったということではないのかと思いますが、午前11時なので、開店時間からおよそ2時間程度で軍資金を使い切り、やけになったのでしょうか?

とにもかくにも大事故にならなかったのが唯一の救いでしょうか

166_deraumi003

記事引用(福島県のパチンコ景品交換所に虫除けスプレーで強盗未遂の男逮捕)

パチンコ景品交換所でスプレー噴射 強盗未遂疑い男逮捕

福島民友新聞 4月5日(火)11時57分配信

 4日午前11時すぎ、二本松市榎戸2丁目のパチンコ店駐車場内にある景品交換所の女性従業員(69)らから「スプレーを掛けられた」と110番通報があった。二本松署は強盗未遂事件として捜査、同11時20分ごろ、同容疑で二本松市、除染作業員二階堂忠男容疑者(58)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、景品交換所の中にいた女性従業員に持っていた虫よけスプレーを噴射し、現金を奪い取ろうとした疑い。女性従業員が抵抗したため未遂に終わった。

同署によると、景品交換所はパチンコ店西側に設けられており、二階堂容疑者は女性従業員が出入り口のドアを開けた隙にスプレーを掛けたとみられる。二階堂容疑者は駐車場内で逮捕された。同容疑者は容疑を認め、「金が欲しかった」などと供述しているという。

パチンコ店の店長(45)によると二階堂容疑者は常連客で、店長は「驚いた。誰にもけががなくて良かった」と話した。

福島民友新聞

 

spadosens

 - 国内記事 , ,