出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

インド警察の新しい武器、「唐辛子を練りこんだ団子」発表

   

インド警察の新しい武器、「唐辛子を練りこんだ団子」とは

インドの、ニューデリーに近いハリヤナ州の警察は暴力的な群衆を制御するために、「非致死的な方法として、唐辛子を練りこんだ団子を使うと発表しました。

具体的な使用方法ですが、唐辛子を練りこんだ団子を、パチンコで暴徒に向けて撃つという方法です。

images (1)

以前は、放水、催涙ガス、伝統的な木の棒を用い暴徒の鎮静に当たっていましたが、

このトウガラシダンゴの方が、暴徒を傷つけることなく威力を発揮できると期待されているそうです。

弾は、唐辛子の粉が薄いプラスチックで覆われており、顔面にこれが当ると皮が破れ、唐辛子が目や鼻、口を刺激する仕様となっています

 

記事引用

インドの警察の目の新しい群衆制御兵器 - チリ - ロードパチンコ

インド北部ニューデリー//警察はすぐにチリパウダーと手に負えないデモ隊に取り組むためにビー玉を搭載したパチンコを使用し、検査員は、明らかにしました。

放水、催涙ガス、伝統的な木の棒やlathisと満足していない、ニューデリーに近いハリヤナ州の状態の警察は暴力的な群衆を制御するために、「非致死的な方法」としてパチンコに変わります。

"プラスそれはかなり悪い傷害を引き起こす可能性があるプラスチック製の弾丸を発射よりもはるかに優れている、「アイデアを思いついたアニル・クマール・ラオ、ヒサール地区の警察の監察官は語りました。

「私たちは最小巻き添え被害を管理できるように、これは、緊急の場合にのみ使用されます。」

地元で作られたパチンコは、問題の無数に毎日抗議行動を見ているインドで治安部隊によって採用された型破りな措置のシリーズの最新作です。 いくつかは、すぐに制御不能にエスカレート。

4月にはラクナウの北部の都市で、昨年の警察は、彼らが「暴徒群衆」を制御するためにコショウ噴霧ドローンを導入したと述べました。

批評家は、ビー玉が重傷を引き起こす可能性があると言うが、氏ラオは「唐辛子ボールは「失敗した後、彼らは慎重にのみ使用されると述べました。

"そして、私たちが平和的なデモ隊にビー玉を使用する予定のようではありません、それが唯一の敵対的な人々を制御するためのものだ」とその役員パチンコで練習を開始している氏ラオは言いました。

「我々は、中のステップと人々が政府のプロパティを燃やしているときに、車を特定のアクションを実行する必要があります。 これは非常に、非常に肯定的なステップである - 文明化、費用対効果の高い武器」。

*フランス通信社

※英語表記の為、翻訳語の引用となります

このニュースの報道

このニュースについて調べたところ、ベトナム、タイ、フィリピン等、多数の

国地域で、このニュースを取り上げており、人を傷つけにくき武器として、

各国で注目があつまっているようです。

 

トウガラシというと、韓国が有名ですが、その内色んな国に広まるのかもしれませんね。

いずれにしてもインド警察は革新的です。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

spadosens

 - 面白系