男声コーラスグループ「ダークダックス」のメンバー喜早哲(きそう・てつ)さんが3月26日、急性肺炎で死去した。85歳だった。葬儀は近親者で行った。喪主は長男冬比古(ふゆひこ)さん。

1951年、男声合唱団「慶応義塾ワグネル・ソサィエティー」のメンバー3人でダークダックスを結成し、翌年、4人組になった。喜早さんはバリトンを担当し、「ゲタさん」の愛称で親しまれた。ジャズやポップス、日本の叙情歌、ロシア民謡などにもレパートリーを広げ、「銀色の道」「山に祈る」「絆」などがヒット。NHK紅白歌合戦には58年から14年連続、計15回出場した。93年、紫綬褒章を受章。喜早さんには著書「日本の美しい歌 ダークダックスの半世紀」などがある。

グループでは2011年、テナーの高見沢宏さんが亡くなった。