出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

青根小学校全焼(神奈川県相模原市)青根小学校ってどんな学校?

   

相模原市立青根小学校が、4月3日午前5時頃、煙があがっているとの通報を受け、消防隊員が駆けつけたが、木造2階建ての校舎約1250㎡が全焼した

この青根小学校について調べてみました

images (1)

青根小学校とは

青根小学校とは、相模原市の緑区の南西にあります。

この青根という地域は、丹沢山地の焼山・黍殻山・袖平山の北側のふもとにあり、集落を下ると、清流道志川が流れています。袖之川や数多くの沢が流れ込み、奥相模湖、津久井湖、相模川へと流れていきます。

山のなだらかな斜面に人家や棚田。畑が広がっています。

畑には、野菜やりんご、梅やお茶が栽培されています。

世帯数は230.人口600人ほどの小さな地域にある学校です

images

この学校校舎は、昭和16年に火災で全焼し、18年に建て替えられましたが、神奈川県内でもっとも古い木造校舎で、市の登録有形文化財に指定されています。

今年度の児童数は4名でした。

DSCN3188

images (2)

青根小学校の特色

地域とともに生きる学校というスローガンのもと、

以下のような特色ある活動に取り組んでいます

P10100161

りんごの袋かけ

P10100424

田植え

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お茶摘み

CIMG2413

近くを流れる道志川へ、鮎の放流

DSC05980

しいたけの栽培

等。自然が多くなければできない特別な体験ができる小学校です。

児童の数は少ないものの、地域の方々にとっては思い出のある大変貴重な小学校であるものと思います。

今後どのような措置がとられるのかは分かりませんが、何とかして残っていただきたいものと思います。

記事引用(神奈川県相模原市青根小学校全焼)

神奈川県内最古の木造校舎全焼 相模原の青根小、児童数4人

 3日午前5時ごろ、相模原市緑区青根の市立青根小学校10+ 件で、「大きな音がして煙が上がっている」と近隣住民から119番通報があった。

神奈川県警津久井署員や消防が駆けつけ、約2時間45分後に火は消し止められたが、木造2階建て校舎約1250平方メートルが全焼10+ 件した。けが人はなかった。

市教育委員会によると、同小の校舎は昭和16年に火災で全焼10+ 件し、18年に建て替えられた。県内で最も古い木造校舎で、市の登録有形文化財に指定されている。今年度の児童数は4人。同署で出火原因などを調べている。

 

spadosens

 - 国内記事 , , ,