出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

腕の血栓症とは?セルビア代表DFネヴェン・スボティッチが発症

   

セルビア代表DFネヴェン・スボティッチ選手が発症した、

腕の血栓症。今シーズンは医者から止められプレーに参加できない

ようであるが、この後どうなってしまうのか?

血栓症と、ネヴェン・スボティッチ選手の今後について調べてみました。

wsk0207_subotic_i_sk_getty

血栓症とは

血栓症とは、血のかたまり(血栓)で、血管が詰まってしまう病気です。この血管が詰まってしまう箇所により、脳梗塞、心筋梗塞、肺塞栓、深部静脈血栓症などと病名が変わってきます。

基本的に人間の臓器というのは、血液が来ないとその臓器自体が役目を果たさなくなります。

たとえば心臓に血液が来なかったら→心筋梗塞で死亡

脳に血液が来なかったら→脳梗塞で死んでしまったり、ボケなどを発症したり、脳の病気になることが多い

と、体中に血液が循環してしまうので、どこで詰まったかにより、症状はことなりますが、その詰まった箇所付近に障害をもたらす可能性があり、場合によっては死にいたる可能性もある、大変恐ろしい病気です。

今回のネヴェン・スボティッチ選手は、腕の部分が血栓症だという話ですので、基本的には、この場所付近が心配です。

とりあえず、脳とか、心臓とかでは無かったので、一安心ですが。

血栓症の特徴

血栓症とは、血管が詰まることでありますが、この病気はある日突然、なんの前触れもなく来ることが多い病気です。

症状は血管が詰まった場所にもよりますが、心臓付近であれば胸の痛みや呼吸困難などの症状がでます。脳の付近にでた場合は、手足のしびれや、しゃべりにくいなどの症状がでるのが特徴です。

エコノミークラス症候群※という病気がありますが、これも血液が詰まってしまうことによって起こる一種の血栓症です。

※飛行機などの狭い座席で長時間同じ姿勢で座っていた人が突然、呼吸困難や心肺停止の症状で倒れてしまうことです。
狭い座席に座ったまま動かないでいると、血行が悪くなり、ももや足の静脈に血栓(小さな血の塊)ができやすくなるためで、フライト時間だけのわずかな時間でかかってしまうのが特徴です。

血栓症で大事な事と治療法

血管というのは、大きな血管から毛のような細かい血管まで人の体内に張り巡らされていますが、どの血管が詰まってしまったとしても、その先の臓器に血液が行かなくなってしまうことが起こるため、早期の発見と早期の治療が一番大事です。

幸いにも現在治療法については、先ず血が詰まっている箇所を特定するために、CT(人間の断面を撮影する機械)検査などで、場所を特定し、血栓となっている物質を溶かす薬物や、血の流れを早くする薬物(怪我で出血したときには血が止まらなるという特徴もあるちょっと怖い薬)などで、治療したり、手術などにより治療をします。

この治療ですが、患者の様子を見ながら、行っていくこととなり、時間がかかります。その間、激しい運動は禁止されますので、今回のネヴェン・スボティッチ選手は治療に時間を要するため、今シーズンのプレーはできないという医師の判断なのでしょう。

後はネヴェン・スボティッチ選手の病気の治り具合により、予定よりも早く復帰できるか否かが決まると思われます。

なんにしても、これから精密検査の後、きちんと原因究明などをした後に、治療にはいることになると思いますが、腕の血栓症といってもほうっておけば腕の痺れ神経の麻痺などの症状も考えられ、そのまま選手生命を絶たれるという可能性もあったため、今回の治療は、早期発見という意味で本人にとってはしたほうがいい治療にあたると思います。

ファンとしては、今後出てくる時期や実際に出てこれるのかというのが心配な点ですが、こればかりは、ネヴェン・スボティッチ選手次第。

完全復帰することを祈るばかりです。

記事引用(ネヴェン・スボティッチ選手の腕の血栓症)

ドルトのスボティッチが今季絶望…血栓症でボディーコンタクト禁止

SOCCER KING 4月2日(土)11時53分配信

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは4月1日、セルビア代表DFネヴェン・スボティッチが今シーズン終了までプレーできない見通しであることを発表した。

同クラブ公式HPによると、スボティッチは腕に血栓症を発症してしまったため、現在はボディーコンタクトのあるスポーツを禁止されている。同選手は個人トレーニングに取り組むことしかできない状態だという。

スボティッチは同HPを通じ、「血栓症になってしまったけれど、体調は決して悪くない。個人での練習メニューは元気にこなすことができているからね。今以上に強い肉体を手に入れてカムバックしたい」と、前向きにコメントしている。

また同クラブ公式ツイッターによれば、スボティッチが試合出場不可能になったことで、トーマス・トゥヘル監督は「近いうちにDFジョン・ゴレンシ・スタンコヴィッチをチームに加える」と話しており、U-23チームに所属するU-21スロヴェニア代表の同選手を一時的にトップチームへ昇格させる意向だ。

スボティッチは今シーズン、ブンデスリーガ第27節終了時点で6試合に出場している。

SOCCER KING

spadosens

 - スポーツ, 海外記事 , , ,