出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

「チョコパイ バナナ味」が爆発的な人気で品切れ。チョコパイバナナ味って何?

   

隣国韓国のお菓子メーカーのオリオンが作った、「チョコパイ バナナ味」がとっても美味しいと評判で、品切れが相次いでいます。

なんと、発売から3週間で累積販売量は1000万個を突破。これは国民の4人に1人が食べた計算になり、売上額は30億ウォンに達しています。オリオンの生産工場ではシフトを24時間体制に転換し、週末も休まずフル稼働しているが、需要のスピードに追い付くことができていないのが現状だということです。

このチョコパイ バナナ味について調べてみました

ダウンロード

チョコパイバナナ味とは

韓国のお菓子メーカーオリオンが作った

爆発的な人気をほこる、チョコパイバナナ味とはどんなものなのでしょうか?

 

大きさは手のひらサイズ。

若干ですが、小さめです

ダウンロード (1)

お皿に乗せるとこんな感じ

15631_630

中を割るとこんな感じ

ダウンロード (2)

黄色い部分がバナナ味がするマシュマロとなっています。

バナナが含まれたことにより、よりもちもち感が増したように感じるということです。

 

気になるお値段は、1個約40円程度(2016年3月時点。為替の変動により価格が変化します。あくまで参考程度に)12個入りとか16個入りで箱売りで販売しています。

お求めは本場韓国現地のコンビニなどで手に入ります。

韓国に行くなら、明洞とかの観光地向けのところで購入するのではなく、普通のコンビニとか、観光地向けの場所でないところで購入すると良いかと思います。

自分は昔明洞でお土産を買ったのですが、その後、韓国人ご用達みたいな場所で同じ商品をみたら、なんとびっくり、自分の買ったお土産は、そこでは○分の1の値段で販売されていました。

まあ昔の話なので今は大丈夫かと思いますが。

o0503033913595692706

記事引用(チョコパイ バナナ味 韓国オリオン)

韓国の国民食「チョコパイ」新製品が大ヒット 3週間で1000万個突破

みんなの経済新聞ネットワーク 3月31日(木)11時18分配信

 韓国の菓子メーカー「オリオン」から発売された新商品「チョコパイ バナナ味」が爆発的な人気で、全国で品切れ状態が続いている。(カンナム経済新聞)

同商品は、1974年に発売されたチョコパイに続く42年ぶりの姉妹製品として発売前から話題になった。同社によると、発売から3週間で累積販売量は1000万個を突破。これは国民の4人に1人が食べた計算になり、売上額は30億ウォンに達する。同社の生産工場ではシフトを24時間体制に転換し、週末も休まずフル稼働しているが、需要のスピードに追い付くことができていないのが現状だ。

韓国の国民食と言っても過言ではないチョコパイ。現在では主要菓子メーカーから多様な商品が発売されているが、その始まりは同社の商品だといわれる。インスタグラムをはじめとするSNSには同商品に関連する投稿が1日1000件以上あり、ネット上には「近所のコンビニを5軒、スーパーを2軒回ったが、全て売り切れだった」「ネットオークションを見たら3倍以上の価格で売られている」「地方のスーパーにはまだあると聞いたが、売り切れていてショック」など購入希望者の書き込みがあふれ、人気の高さをうかがわせる。

同社関係者はこの人気について「チョコレートとバナナを活用したデザートが好きな2030世代から特に高い支持を集めている」と話す。

みんなの経済新聞ネットワーク

最終更新:3月31日(木)11時18分

 

spadosens

 - グルメ, 海外記事 , , ,