出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

北朝鮮がプロパガンダ映像で米首都をミサイル攻撃。プロパガンダって何?

   

北朝鮮が、プロパガンダ映像でアメリカの首都を

ミサイル攻撃した。

攻撃した後の映像がこちら

ダウンロード (2)

北朝鮮のミサイル命中で爆発する、アメリカ連邦議会議事堂である

 

普段聞きなれない、プロパガンダその意味について調べてみました。

プロパガンダとは

プロパガンダとは、特定の思想や世論、意識、行動へ

誘導する意図をもった宣伝行為です。

北朝鮮側はアメリカを悪としてとらえ、その悪を

正義の味方である北朝鮮がやっつけるという

宣伝行為を国民に向けて、また対外的にもしている

ように思えます

iayEM8pJ0k9cdq7mH8jVl0vQo1_400

色んな国が戦時中に作ったプロパガンダのポスター

左がアメリカ合衆国。右がソ連

fd140910f00004

 

ドイツの兵士募集のポスター

fd140910f00007

 

大砲を抱えていて、巨人のロシア

fd140910f00010

 

日本の兵士募集のポスター

fd140910f00015

 

左が日本、右がドイツ。それぞれがアメリカを狙っている

fd140910f00016

 

言葉巧みに基地を増やしていくアメリカ

fd140910f00019

 

それぞれの国の目的や意図により、

ポスターが作成されています。

世界平和とかではなく、あくまで自国の利益の為の

プロパガンダポスターです。

記事引用(北朝鮮のプロパガンダ映像で米首都にミサイル)

北朝鮮、プロパガンダ映像で米首都をミサイル攻撃

AFP=時事 3月26日(土)18時40分配信

【AFP=時事】北朝鮮は26日、潜水艦発射核ミサイルが米首都ワシントン(Washington D.C.)を破壊し、星条旗が炎に包まれる様子を最後に写した「最後の機会」と題する新たなプロパガンダ映像を公開した。

北朝鮮、「韓国大統領府攻撃」想定し大規模演習

4分間の映像には米朝関係の歴史が簡単に描かれており、CGで雲の中を飛んでいくミサイルが方向転換してワシントンのリンカーン記念館(Lincoln Memorial)の前の道に激突し、衝撃で爆発する連邦議会議事堂が映し出されている。

北朝鮮のプロパガンダサイト「DPRKトゥデー(DPRK Today)」に投稿されたこの映像では、朝鮮戦争の映像や、1968年に北朝鮮が拿捕(だほ)した米海軍の情報収集艦「プエブロ(Pueblo)」、北朝鮮の核開発をめぐり1990年代初期に起きた第1次核危機時の映像などが取り上げられている。【翻訳編集】 AFPBB News

 

spadosens

 - 海外記事 , ,