出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

直径9センチのラフレシア=最小の新種発見―フィリピン クイズに出るかも?

   

記事引用

単体の花では世界最大種が知られるラフレシア類で、花の直径が平均9.7センチしかない最小の新種がフィリピン・ルソン島の山で発見された。フィリピン大チームが26日、国際的な植物学誌フィトキーズ電子版に発表した。
ラフレシア類のうち、花の直径が1メートル超の世界最大種は「アルノルディ」。新種は赤褐色の花で、63個を調べたところ直径が6.6~12.7センチだった。学名は、自然保護に尽力した同国の富豪の妻の名前から「コンスエロアエ」と付けられた。
東南アジアに分布するラフレシア類は葉や茎がなく、つる植物のブドウカズラに寄生する。この新種はルソン島中部の二つの山でしか見つかっておらず、絶滅の危機にあるという。
世界最大種が注目されるラフレシアだが、米ハーバード大などが2007年に発表したDNA解析結果では、ポインセチアなどの小さい花が多いトウダイグサ科に属する。
単体ではなく、小さな花が集まって一つの大きな花に見える植物ではショクダイオオコンニャク(スマトラオオコンニャク)が世界最大。ラフレシアと同様に腐臭で知られる。

時事通信 2月26日(金)11時0分配信

世界最大種のラフレシア課の最小の新種とは?

まず、世界最大種のラフレシア課とは、世界最大の花、「ラフレシア」

という名前で知られる本当に大きな花です。

250px-Rafflesia_80_cm

写真だと上のような花です

尚花を咲かすのには、約2年かかるが、花が咲いたら約3日で枯れてしまうので、目にすることはとても難しい花です。

因みに、東南アジアに生息し、日本から観光で見に行くとしたら、マレーシアのボルネオ島が有名です

熱帯雨林気候の奥地にあり、開花時期も短い為、見に行きたいならガイド付きで行くほうがおすすめです、

尚今回発見された世界最小の花は、フィリピンのルソン島の山の中で発見されましたが、この花についても、ラフレシア課だということで、最大と最小が同じラフレシア課から発見されたということで注目が集まっています。

ラフレシアをはぐくむ熱帯雨林の素晴らしさ

日本ではなじみの薄い熱帯雨林気候ですが、

ラフレシアの花も、今回発見された「コンスエロアエ」(自然保護に尽力したフィリピンの富豪の妻の名前)の花も熱帯雨林の中に育ちました。

この熱帯雨林気候ですが、シンガポールに旅行に行くと体験できます。シンガポールは、観光立国で、治安は良く、町も清潔で、色んな言語の表記があり、英語も通じる国なので、比較的観光しやすい国です。

そのシンガポールに、セントーサ島というこれも観光の為に日本の遊園地並みに整備されている施設があるのですが、私はこの施設の一角で熱帯雨林機構を体験しました。

入り口があって、そこから入ったら、数十種類の虫や鳥などの音色が聞こえます。その音がとても心地よく感じました。

みなどの生き物も楽しそうに歌っているんじゃないかなと感じるぐらいの音色です。

今まで聞いたことも無かった音だったのですが、聞いたとたん、その音色に聞きほれて、1時間以上、何もないジャングルの中で、ただただその音色に聞きほれてしまいました。

多数の生物や植物が、居心地の良い環境で奏でる音色を聞くと、その自然の歴史や目には見えない生物の喜びの姿が感覚的に分かったのでしょう。

出来たらもっと居たかったなと本気でその魅力を感じながらその場を後にしたのですが、その時に聞いたアナウンスでは、世界には多数の熱帯雨林があるのですが、そのほとんどが研究されることもなく、破壊されているということが世界中で起こっているといっていました。

研究とは、そこから癌に効く成分が発見されるとか、何かしらの発見があるかもしれないにも関わらず、その研究もしない内にどんどん破壊されていってしまっているということです。

今回のフィリピンで発見された世界最小の花に関しても、何で今頃と思うかもしれませんが、未だ開発や研究が進んでいないからだということが浮き彫りにされたニュースではないかと思いました

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

spadosens

 - 海外記事