出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【ティアラみずほ台店閉店】2019年8月25日閉店

   

東武東上線みずほ台駅北口から徒歩1分の場所にある、ティアラみずほ台店が、2019年8月25日をもって閉店することとなった

ティアラみずほ台店とは

ティアラみずほ台店とは、埼玉県富士見市東みずほ台2-1-12、東武東上線みずほ台駅北口すぐの場所にあるパチンコ店。

パチンコ125台、パチスロ253台の遊技機の同店は、2016年12月26日(月)オープンしたものの、約3年の月日を待たず、2019年8月25日をもって残念ながら閉店することになりました。

尚ティアラみずほ台の運営会社は、埼玉県にある株式会社 蓮花商事 同社は、パチンコ店の運営と、コンビニの運営をしている会社です。

このみずほ台には、ティアラみずほ台店の他、第一プラザみずほ台店、みずほ台UNO、SAPと他に3件の、大手パチンコ店があり、そういった環境からも厳しい状況にあったのかと思われます。

ティアラみずほ台店の貯玉・貯メダルの交換期限

ティアラみずほ台店の貯玉・貯メダルの交換は、2019年9月10日、10時から19時までの間、同店にて交換可能なので、その時までに交換願いたいと案内されています。

尚これ以降の期間については、カタログギフトなどとの交換になりますので、この日までに交換するのが良いかと思います

※以下画像は、パチンコパチスロどっとこむ様から

ティアラみずほ台店閉店の理由

行政側のパチンコ・パチスロ規制により、現在、パチンコは設定付の台、パチスロは6号機がホールに導入されています。そして今後は同様の台がどんどん導入され、ゆくゆくは全てがこの種類の台(新基準機)になる予定です。

しかしながら、新基準機である設定付のパチンコ台と、パチスロの6号機はどちらも客付はあまりよくありません。

理由は1回の大当たりの際の出球が少ないこと、爆発力が無いことです。とにかく勝っても少ししか出ない。それ故、こういうパチンコを打たなくなっている人が多くなっています。ギャンブルとしての魅力に欠ける状態です。

また、パチスロに関しては、低設定を打った場合、実に9割以上の確率で負けが確定することです。パチスロに関しては本当に分かりやすく、低設定はとにかく出ません。5号機やそれより前のパチスロ台は、例え低設定でも、一時的に客側が勝つ事があったのですが、今回の6号機に関してはそれが全く見込めない状況なので、夕方から稼動する人は、出てない台には座らないとなってしまい、おのずと稼動の低下の原因となっています。

全ては行政側の規制により、台の魅力が無くなっている事が大きな要因になっているように思われます。そういう事なので、今後はさらにパチンコ店の閉店が増え続けるものと思われます。

パチンコ店に貯だま、貯メダルをお持ちの方は、頻繁にお店をチェックしておいた方が良いと思います。実際に店にのみ閉店告知を3日前に出し、ホームページには当日に閉店告知を出し、その日に閉店し、それ以降貯だま、貯メダルの交換には応じられず閉店したお店もありますので、注意してください。

それとパチンコパチスロ規制については、下記の記事にまとめてありますので、興味ある方はご確認願います。

spadosens

 - 閉店情報 , , , , ,