出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【ジャンボ千日前店閉店】2019年6月9日閉店

   

大阪のなんばオリエンタルホテルの地価1階で営業をしていた、パチンコ店、ジャンボ千日前店が、2019年6月9日をもって閉店することとなった。

 

ジャンボ千日前店とは

ジャンボ千日前店とは、大阪府大阪市中央区千日前二丁目8番17号、なんばオリエンタルホテル内にあるパチンコ店。

パチンコ 801台/スロット 295台を設置する大型店。

ジャンボ千日前店は、京都にあるパチンコチェーン、株式会社 松原興産が運営する店舗の中の1店舗です。

株式会社松原興産は、キョウイチ(KYOICHI)、ZETTAなどのブランドでパチンコ店等を経営する会社です。

ジャンボ千日前店の貯玉・貯メダルの交換について

ジャンボ千日前店の貯玉・貯メダルの交換期限は、営業終了日である、2019年6月9日までは、店舗にて交換となっています。

それ以降については、下記の委託会社が交換に応じますが、この場合はカタログギフトなどとの交換となります。特殊景品との交換は出来ませんので、特殊景品と交換したい場合は、必ず2019年6月9日までに店舗にて交換をおすすめします。

ジャンボ千日前閉店の理由

今回は閉店の理由など、これといったものが告知されていませんが、なんばグランドホテルというホテル内にて経営をしていたので、ホテルの改修工事、ホテル側の賃貸先の変更、ホテルとの契約満了などが考えられますが、何が原因だったのかは未だ判明していません。

しかしながらここの所、全国的にパチンコ店の閉店が相次いでいます。

その原因は、パチンコ・パチスロ規制であると言われています。

理由ですが、パチンコ店は、パチンコ・パチスロ規制により、今店にある遊技台について全台を新基準機に入れ替えないといけなくなります。

新基準機とは、パチンコだと設定付きの台。パチスロだと6号機以降の台となります。

旧台の撤去及び新台の購入や設置の費用については、想像以上に高額なものであり、体力のないパチンコ店がそれによりどんどん閉店に追い込まれています。

パチンコ・パチスロ規制につきましては、下記の記事にまとめましたので、良かったらご確認願います。

2018年-21年パチンコ店が加速度的に閉店する理由

spadosens

 - 閉店情報 , , , , , , , , ,