出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

ミカド荻窪店閉店【2018年12月7日閉店】

   

中央線荻窪駅西口から徒歩3分程度の場所にある、ミカド荻窪店が、2018年12月7日をもって閉店することとなりました。

ミカド荻窪店とは

ミカド荻窪店とは、中央線荻窪駅から徒歩3分の場所にあるパチンコ店。

パチンコ 286台、スロット 158台を有する中規模店です。

経営は、ミカド星和グループ

(ミカド星和グループは、東海地方に5店舗、関東に3店舗のパチンコ店を運営しています)

末尾4の付く日がイベント日。

お笑い芸人、杉ちゃんをマスコットキャラクターとし、各種CMなどの配信も行い、集客に努力していたようでしたが、この度平成30年12月7日をもって閉店することとなりました。

ミカド荻窪店の貯玉・貯メダルの交換期限

ミカド荻窪店の貯玉・貯メダルの交換は、平成30年12月7日迄と案内されています。

下記は店内に掲載されていたものですが、それ以外の案内は出ておりませんので、この日までに交換することをお勧めします。

それと以下はPWORLDに掲載されているミカド荻窪店の電話番号です。もし何か困ったときはかけてみてもいいかもしれません。

03-6383-6022(ミカド荻窪店)

ミカド荻窪店閉店の理由と跡地の予定

ミカド荻窪店の閉店の理由について、個人的な見解を紹介します。後閉店後ですが、噂では違うパチンコ店が入る予定になっているそうです。

地下店舗で、パチンコ店と認識されない

ミカド荻窪店の前は、一番館という中規模チェーン店がパチンコ店をしていましたが、どちらも数年間の営業で、閉店することとなってしまいました。その理由ですが、この店に関しては、地下にお店がある為、道を歩いている人達がパチンコ店と認識できていない点があると思います。

パチンコとパチスロを合わせて444台も遊戯台がある中規模店にもかかわらず、人目につく入口は、下記の写真のみ。

1階が店舗で、誰が見てもパチンコ店とわかる目立つお店だったら、もう少し集客できていたのではないかと思います。

パチスロは高設定が少なく、パチンコは回らない

オープン当初や、4の付くイベント日など、若干出していると思われる日もあったものの、やはり最後の方は、パチスロは低設定、パチンコは回らないというような調整になっていました。

それでも途中から低貸しコーナーを作るなど、集客を頑張っていたようですが、やはり出さないと客は来ません。

故意に出さない訳では無く、客が来ないから出せないという悪循環にはまっていたように見受けられました。

ライバル店が多い

荻窪は、駅から徒歩圏内に、7店のパチンコ店があります。

ミカド荻窪店よりも駅から近いお店があったり、ミカドよりも出している店があったり、ミカドよりも居心地がいい店があったり、結局の所ライバル店が多いと、客もバラけるようになります。

こういう事も、客が来ない原因になると思います。

パチンコ業界全体で、お客が減っている

パチンコ・パチスロの遊戯人口ですが、若い人で、パチンコをやり始める人は少なく、年配の方は、どちらかというと止めていく人ばかり。

そんな状況の中、行政側のパチンコ・パチスロ規制もあり、遊戯人口は年々減少の一途をたどっています。

この業界にいる人でさえ、パチンコ業界は斜陽産業で、とっくに踊り場を越えた。後は落ちるだけという人が多いです。

出てくる新台は規制が入っているので今までより玉やメダルが出ない。それがつまらないと感じる人は非常に多く、今後はさらに減っていくことが予想されます。

そんな事もあって、パチンコ店の閉店ラッシュは続いているものと思われます。

パチンコ・パチスロ規制につきましては、下記の記事をご参照願います。

2018年-21年パチンコ店が加速度的に閉店する理由

ミカド荻窪店の動画

ミカド荻窪店は、集客の為か、非常に多くの動画があります。pmartや万発やんぐういちのもうちょっと風に吹かれてなど(大崎一万発さんは、ミカドの公式応援団です)その中で無料で見られる動画について紹介します。

有料のパチンコ・パチスロ動画を無料で見たい方は、下記の記事にまとめてありますので、見てみてください。

映画・アニメ等、有料の動画を無料で見る方法

spadosens

 - 閉店情報 , , , , , , , , , ,