出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

パラッツオ西葛西閉店(休業)【2018年8月31日閉店(休業)】

   

東西線、西葛西駅の駅前にあるパチンコ店、パラッツオ西葛西店が、2018年8月31日を持って閉店(休業)する事となった。

※ホームページ上で休業すると案内が出ているが、再開の見通しは掲載されていません。

パラッツオ西葛西店とは

パラッツオ西葛西店とは、東京都江戸川区にあるパチンコ店。東西線西葛西駅の駅前にあり、地下1階から3階まで、

パチンコ 193台 / スロット 224台、駐車場112台を完備する中規模店

各種パチンコ、パチスロライターの来店取材や、イベントも多数している店で、それなりに集客があったものと思われたが、今回休業となった。

なお付近には、半径100m以内に、ビッグベアー西葛西店、ウエスタン西葛西店、AION西葛西と同規模の店があるが、今回はパラッツィオ西葛西店のみが閉店する事となった。

パラッツオ西葛西店の貯玉・貯メダル来店ポイントの交換期限

パラッツオ西葛西店の貯玉・貯メダル、来店ポイントは、原則8月31日の営業時間内に交換して頂きたいと案内されています。

その期間を過ぎた場合、9月1日から10日迄の間、12時から22時まで、店舗前で受付すると案内されていますが、この期間を過ぎた場合は、店舗での景品交換が出来なくなりますので注意してください。

パラッツオ西葛西店の閉店の理由

パラッツォ西葛西店は、駅前にあり、立地条件もよく、またパラツィオグループという、中規模のグループが運営(他にも何店舗もパチンコ店を経営している会社)の為、潰れないだろうと思っている方が多く、かなり話題になりました。

実際の閉店の理由ですが、一昔前は、新台を購入しても、それを転売することで利益が出て、それを基に再度新台を買うということが出来たらしいのですが、ここ最近は、寝台(中古台)を購入する他店舗が減ってしまったことから、 売却益が下がり、最終的には新台入替台数が減ると同時にお客様の負担が増え、稼働が減少していくという、まさに悪循環に陥ってしまったようです。

またこれ以外でも、最近の若者はパチンコをはじめるという人が少なく、新規顧客の減少や、既存顧客に関しても、規制により魅力的な台、打ちたい台が減少してしまったことにより、集客も減っているようです※。

それにしても、中堅どころの店舗まで、休業してしまう事態に入っているというのは事実。パチンコ店の経営は、今はかなり厳しいものだというのを実感します。

※パチンコ・パチスロ規制については、下記の記事をご参照願います。

2018年-21年パチンコ店が加速度的に閉店する理由

パラッツォ西葛西店の動画

パラッツオ西葛西店は多数のイベントなどをしており、お店での実践動画などが多数ありますので、一部を掲載します。良かったらご確認願います。

 

spadosens

 - 閉店情報 , , , , , , , , ,