出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

ネットカジノで逮捕 海外のカジノをするのって違法なの?

   

インターネットカジノで賭博をしたとして、京都府警が10日、

賭博の疑いで利用者数人の関係先の家宅捜索を始め、

任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材で分かった。

容疑が固まり次第、逮捕する方針というニュースが流れた。

 

今も昔もインターネットには、オンラインカジノってあったと思う。

オンラインカジノって入力すれば、出てくる出てくる。

何十件も出てきて、どれも24時間、ネット上ですぐに遊べると書いてる。

これって違法なのかな?

と思う人いるかもしれないけど、

結論から言うと、違法の可能性がかなり高いです。

理由は、

①賭博行為の一部が日本国内において行われた場合、刑法第百八十五条の賭博罪が成立することがあるからです。

これはプレーヤー側の話。

海外のネットカジノに対して、ネット上でアクセスして遊んでいた(賭けていた)

としても、その行為は国内で博打をしているとみなされ、賭博罪が成立する可能性が

あります。

賭博罪が成立すると、逮捕されます。

 

②賭博場開張行為の一部が日本国内において行われた場合、同法第百八十六条第二項の賭博開張図利罪が成立することがある

 

これはカジノ運営者側の話。

野球賭博とか、闇スロットとか、闇カジノとかが逮捕されているのがこっちの方です。

日本では、賭博を開く行為が禁止されているので、これを犯したものは、逮捕されます。

この行為はオンライン上も含むものとされる説が多く、日本人がオンラインカジノを開設

した場合も逮捕される可能性がかなり高いという見解が多いです。

images (5)

賭け事だったら何をしても逮捕されるの?

賭け事でも、罪になって逮捕されるものと、

されないものがあります。

初めに逮捕されないもの。

競馬、競輪、競艇、宝くじ、ロト6等です。

国が認めている賭け事は、逮捕されません。

 

逆に逮捕されるもの。

野球賭博、俗にいう闇スロット、俗に言う、闇カジノ等

(トランプのブラックジャック、ルーレット、

ポーカー、スロットマシーン等、お金を賭けて

遊ぶことが出来ます。勿論払い戻しもあります。

場所は違法なのでどこにあるかははっきりとしていませんが、

口コミで客があつまっているそうです)

 

簡単に言うと、国が認めた賭け事はしても良いけど、

それ以外の賭け事を日本国内でするのは禁止する。

した場合は逮捕するということです。

これはオンラインカジノも含まれます。

パソコン上でオンラインカジノにアクセスして

賭け事をした場合でも、日本国内で、賭博行為を

したとみなされるためです。

 

刑法185条、186条の解釈

刑法第185条

賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。

刑法では、賭博をしたものは、罰金または科料にするとあります。すなわち賭博をしただけで、罰せられるとあります。

しかしこの条文には但し書きがあります。

一時の娯楽に供するものをかけたにとどまるときは、この限りでないという所。

過去の判例を調べてみたところ、「天丼」、「かつ丼」、「タバコ」を賭けた場合は、

どれも「一時の娯楽に供するもの」にあたり、賭博罪は成立しないとしてます。

しかし、お金を賭けた場合は、たとえ10円(金額にかかわらず)でも、「一時の娯楽に供するもの」にあたり、賭博罪は成立します。

しかし、飲食代を支払う目的でお金を賭けた場合、例外的に賭博罪は成立しないとされています。(今日の昼ご飯を賭けて、このゲームをしよう等というのは罰せられない)

 

刑法第186条
  1. 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
  2. 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。

刑法186条は、さっきの185条の罪より重いです。

日本の刑罰は、死刑>懲役>罰金>拘留>科料となっており、

左に行くほど罪が重くなります。

186条1項では、懲役とあるので、上から2番目にある刑罰になります。

単に賭博をしただけでなく、それに常習性が加わると、刑罰が跳ね上がります。

186条2項では、賭場を開くものが規制されます。

開くものというのは、賭場を運営する側のことです。

闇でカジノを開いている人、野球賭博をしている胴元などがそれにあたります。

それをしたら、3年以上5年以下の懲役。

プレイヤーよりも、親のほうに罰則が重くなっています。

images (7)

日本において賭博したら、結構重い刑罰が待っていることが分かりました。

こんな馬鹿らしいことでつかまらないよう、やらないことをお勧めします。

 

記事引用

「ネットカジノ」関係先捜索 初の利用者逮捕へ 京都府警

産経新聞 3月10日(木)14時47分配信

 無店舗型のインターネットカジノで賭博をしたとして、京都府警が10日、賭博の疑いで利用者数人の関係先の家宅捜索を始め、任意で事情を聴いていることが捜査関係者への取材で分かった。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

無店舗型のカジノサイトの多くは海外に運営元があるため立件のハードルが高いとされ、利用者が逮捕されれば初めてとみられる。

捜査関係者によると、今年2月、海外に運営元があるオンラインカジノのブラックジャックの賭博を国内から利用した疑いが持たれている。

 

 

spadosens

 - 国内記事 , , , , ,