出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【じゃらんムサシ飯能店閉店】2018年1月21日閉店

   

埼玉県飯能市、国道299号線沿いに位置する、じゃらん634(ムサシ)飯能店が

2018年1月21日、22時50分にて閉店する事となった

じゃらん634(ムサシ)飯能店とは

じゃらん634飯能店とは、埼玉県飯能市大字岩沢312-3にあるパチンコ店。

国道299号線、かっぱ寿司飯能店の向かいにあります。

最寄り駅は西部池袋線、元加治駅で、徒歩10分です。

パチンコ台、240台(4円、1円、0.5円)スロット台、142台(20円、5円)、200台の駐車場を有する中規模店。

2005年に営業を開始し、約13年に渡り営業をしてきましたが、2018年1月21日に閉店する事となりました。

じゃらん634(むさし)飯能店、貯玉・貯メダルの交換期限

じゃらん634(むさし)飯能店の、貯玉・貯メダルの交換は、原則最終営業日である1月21日の22時50分迄に交換いただきたいと案内が出ています。

この期間に間に合わない場合は、1月22日~28日の15時~20時の間、店舗にて交換を受付ているようです。

上記期間を過ぎた場合は、すべて無効となると案内が出ておりますので、必ず上記期間までに交換した方が良いと思います。

尚来店ポイントにつきましては、交換する景品がなくなり次第終了となると案内が出ておりますので、こちらは早めに交換をした方がよろしいかと思います。

じゃらん634(ムサシ)飯能店閉店の理由

じゃらん634(ムサシ)飯能店の閉店の理由ですが、これに関しては、大きく2点あると思います。

先ずはパチンコ遊戯人口の減少。

昨年年末から、今年にかけて、パチンコ店にいるお客さんは、はっきりと分かるぐらい減ったと思います。(2割~5割ぐらい減ったように感じます)

これはパチンコを打つ方なら分かるかと思いますが、明らかに減りすぎ。私は色んな地域の掲示板なども見ますが、どこも同じような状況だそうです。

理由は、店が出さない(出せない)事が一番大きいのではないかと思います。どの店もお客さんにとっては結構きつい調整になっているように思います。

次の大きな理由が今年2月からの規制。

猶予期間が3年間あるので、2021年の1月末までに、パチンコ店は全ての台の入れ替えが必要になります。また新しい遊技機は今までより、出玉性能が劣る(1回の大当たりの出玉、メダルが少なくなる)もので、出玉性能が劣ることにより、パチンコやパチスロファンが減少するといわれています。

この規制に関しては、下記にまとめてありますので、そちらをご参照願います。

2018年-21年パチンコ店が加速度的に閉店する理由

2018年に入り、ものすごい勢いでパチンコ店が閉店しています。

この流れは、おそらくですが規制を見据えたもので、規制の猶予期間である、2021年の1月末まで、パチンコ店の閉店ラッシュは継続するものと思われます。

貯玉、貯メダルをお持ちの方は、十分にご注意願います。

 

spadosens

 - 閉店情報 , , , , , , , , , , , , ,