出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

シンコ解禁ってニュースがでたけどシンコって何?

   

シンコ解禁、兵庫県人待ちわびたなんてニュースの一文が

あったけど、シンコってなんだろう?

と調べてみたら、イカナゴの事でした。

images (1)

 

でもまたここで疑問が。

イカナゴって何だろう?

釘煮が有名だけど本当に釘を入れているのか?

等調べてまとめてみました。

ダウンロード (1)

イカナゴとは

イカナゴの名前の由来

イカナゴとは、イカリ魚=カマスの幼魚の意味です

西日本では、「かます子」(かますご)と呼ばれています。

また、イカナゴの小さいものが、いかなる魚の子である為か分からないため、

「如何子」という意味で名づけられたという説もあります。

ikanago

イカナゴの呼び方

同じイカナゴでも地域により名前が変わります。

カマスゴ/関西

カナギ/福岡県

コオナゴ(小女子)/関東、愛知県

シラス/宮城県、東北

ボーコナゴ/愛知県で、親になったイカナゴをこう呼ぶ

シンコ/兵庫、関西等。生まれたてのイカナゴをこう呼ぶ

※加工した、カナギチリメンとして売られているのは、京都大阪で、非常に小さなイカナゴのちりめんを、カナギチリメンと呼ぶそうです

イカナゴの特徴等

イカナゴは海水魚で、沖縄を除く日本各地に生息しています。

内湾の砂地にいることが多い魚です。

産卵期は12月から5月ぐらいまでで、北に行くほど遅くなります。

孵化した稚魚は成長が早く、一年で13センチほど、

3から4年たつと、20センチを超える大きさになります。

食事はいつもプランクトン

低水温に適応しており、

水温が高くなると、砂にもぐりこみ夏眠するという特徴があります。

イカナゴの食べ方

鮮魚として食べるのではなく、加工品として利用されることが

大半です。

ちりめん、釜揚げ、佃煮などが代表的なものです。

小さいもの(シンコ)程値段が高く、

大きくなると安くなります。

大きくなりすぎると、売れなくなり、

飼料になったりします。

イカナゴの釘煮って、釘を入れて煮るの?

イカナゴの釘煮ってありますが、

昔は防腐剤とか無かったから、釘を入れて煮ることにより、

釘が防腐剤の代わりにでもなっているんだろうと

勝手に思っていましたが、どうやら違うそうです。

釘煮というのは、出来上がったイカナゴの煮物が、

さびた釘のように見えるからだそうです。

61yo6gP5YZL

作り方としては、

用意するもの

水で洗ったいかなご1キロ
皮ごと細く刻んだ土しょうが50グラム
砂糖250グラム
濃口醤油250CC
酒30CC
みりん70CC

調理法
大鍋にいかなご以外を全て入れ、火にかけ沸騰させる
いかなごを入れ、ひたすら煮る
煮汁がなくなったら完成

というような感じになります。

記事引用

 瀬戸内に春の訪れを告げる播磨灘でのイカナゴのシンコ漁が、7日に解禁されることになった。大阪湾はシンコのサイズが小さいことから、4日に再び試験操業し、実際の操業開始日を決める。

兵庫県と大阪府の船引き網漁業者でつくる各海域の検討会議が1日、両海域で最も早い漁の統一解禁日として決定した。県水産課によると、解禁日は1993年以降で最も遅かった2005年と同じ日となった。

両府県の漁業者の試験操業や水産技術センターのデータを基に検討した。今シーズンは海水温が高いことから親魚の産卵が遅れていたため、昨年より10日遅い解禁となった。

両海域では、新鮮でおいしい「旬もの」の出回り時期を明確にするため、漁の統一解禁日を設定している。県水産課は「資源保護のため、適正な大きさに育ってからシンコを漁獲する動きが近年高まっており、さらに浸透することを期待している」と話している。(辻本一好)

spadosens

 - 国内記事 , , ,