カメラのキタムラ赤穂店の営業も
1月16日で終わります。
閉鎖が決まってからあっという間でした。
みなさんありがとう。
閉店のお知らせ キタムラ赤穂.jpg
赤穂から一番近いキタムラは
龍野店です
キタムラ龍野店.jpg
なお、ブログ担当の私の行く先は月曜日に判明するらしい・・・。
何処なんだろう。

カメラのキタムラ大量閉店の理由

カメラのキタムラの主力事業は、簡単にまとめますと以下の事業となります。

1、デジカメとスマホの販売

2、店舗でのデジカメプリントや加工、アルバム処理

3、APPLE製品の修理

4、スタジオでの撮影

5、時計、家電用品の販売

6、写真に関連するサービス

今回の閉店の理由は、上記の事業の内、1と2のデジカメとスマホの販売減とデジカメプリントサービスの減収減益が主な原因となっております。

スマホの販売減の原因は、総務省が発表した実質0円でのスマホ販売の禁止が大きな影響を与えています。今までは、ほぼ無料でスマホを購入できた人が、この総務省の規制により、おおよそ5千円以上の金額を支払わなくてはいけないことになった事については、消費者側からすれば実質の値上げとなり、購入を見送る客が増えたからです。

またデジカメプリントの減少に関しても、パソコンとプリンター、写真をプリントできる専用の用紙が家電量販店などで販売されている現在、誰しもが簡単に手軽に自宅でプリントアウト出来る事から、減少の流れは進んでいます。

自分も一度某店にデジカメ現像を頼んだことがあるのですが、値段を聞いてびっくり。「高い!」桁が違うのかと聞きなおしました。

この時は頼まれ物だったのと、期日もあったので注文しましたが、時間があったら自分で現像していたと思います。値段は公開しませんが、それぐらい高額でびっくりしたことがあります。