出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【福島県に爆破予告】公共施設の爆破と小中学生の殺害を予告

   

福島県内の複数の市役所に対し、公共施設を爆破する。小中学生を殺害するという内容の爆破殺害予告メールが届いていたことが分かった。

map_450_02

福島県に対する爆破、殺害予告の内容

福島県の公共施設に対する爆破予告及び、福島県の小中学生に対する殺害予告については、メールにより送信されていたことが分かった。

メールが送信されたのは、10月29日未明。

メールは、福島市、二本松市、会津若松市、本宮市、喜多方市等の各市に送信されており、メールには、「福島県内の小中学生を狙ってトラックで突っ込む」、「県内にある公共施設に対して、爆弾を仕掛ける」と書かれており、メールの送信者の欄には、実在する県外の会社名が記載されていた。

同爆破予告に対する日時については、報道されておらず、現段階では不明

福島県の爆破予告、殺害予告に対する対応

爆破予告、殺害予告は、各市にメールにより送信されたが、市の担当者などが気がつき、各管轄の警察署に届け出ると共に、福島市教育委員会を通して、市内の小中学校に対して、注意喚起を呼びかけている。

又、市の施設に対する不審者や、不審物に対して、注意をするよう通知したとしている。

因みに、爆破予告が送信されたのが、10月29日(土)未明。

発見されたのが、31日(月)。公表されたのが11月1日(火)となっている。公共施設は土日が休みのため、発見が遅れたのは致し方ないが、時間が経過してしまっていること。爆破予告、殺害予告がある程度具体的なものとなっていることから、小中学生の生徒の方、及びご両親、関係者や、公共施設の方々につきましては、犯人が捕まるまでの間は、念の為、用心をしておいた方がよろしいかと思います。

何も無いことを祈っています。くれぐれも気持ちだけは注意してください。何か事が起こったときに、最小限で済むと思いますので。

記事引用(福島県に爆破殺害予告)

福島市などに「不審メール」 子どもへ危害や爆破予告など記載

県内の複数の市役所などに、子どもへの危害や公共施設の爆破を予告する電子メールが送信されたことが31日、各市や県教委への取材で分かった。通報などを受けた各署が脅迫や威力業務妨害の疑いがあるとみて調べている。メールとの関連が疑われる爆発物などは見つかっていないという。

メールが届いたのは福島、二本松、会津若松、喜多方、本宮の各市など。各市などによると、メールが送信されたのは29日未明。メールには「県内の小、中学生を狙ってトラックで突っ込む」「公共施設に爆弾を仕掛ける」などと記載があった。メールの送信者名には実在する県外の会社名が記されていたという。

このうち、福島市は31日に職員がメールに気付いた。同市は福島署に届け出るとともに、市教委を通じて市内の学校に注意喚起を呼び掛けたほか、市の施設に不審者や不審物に注意するよう通知した。二本松市は29日にメールを確認後、二本松署に相談し、同市の小、中学校に注意を呼び掛けた。

 

spadosens

 - 国内記事, 爆破予告 , , , , , ,