出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

野々村元県議の保釈認める決定! 保釈ってどうやったら出来るの?

   

ニュース記事引用

政務活動費をだまし取った罪などに問われ、裁判に強制的に出廷させるため身柄を拘束された兵庫県議会の元議員、野々村竜太郎被告について神戸地方裁判所は26日、保釈を認める決定をしました。
兵庫県議会の議員だった野々村竜太郎被告(49)は、おととし7月までの3年間に、兵庫県の城崎温泉や東京などに344回にわたって日帰り出張をしたとするうその報告などで政務活動費910万円余りをだまし取ったとして、詐欺などの罪で在宅起訴されました。野々村元議員は先月の初公判で、起訴された内容を否認する一方、政務活動費の使いみちなどについては「覚えておりません」などと繰り返し具体的な説明をしていません。
裁判所は当初、去年11月に予定されていた初公判を欠席したことから「裁判に出廷しないおそれがある」として、先月から2か月間、拘置所に勾留する異例の措置を取っていました。
野々村元議員は、神戸市の神戸拘置所に勾留されていますが、弁護士から保釈の請求が出され、神戸地方裁判所は26日付けで保釈を認める決定をしました。野々村元議員は、すでに保釈金800万円を納めたということで、検察からの異議がなければ保釈されることになります。
2月26日 20時57分 NHKNEWSWEB

保釈の前段階の話

保釈とは、保証金を納めて拘留中の被告人を釈放することです。

 

もう少し分かりやすくいうと、罪を犯した人がいて、警察に捕まったとします。

その罪を犯した人に対して、警察が起訴(罪を特定するための裁判)をするのですが、

裁判所が混雑をしているときもあり、この起訴が順番待ちとなることがあります。

例えば本日起訴をしたとしても、裁判所が混雑をしているので、その裁判が実際に行われるのは、

半年先になるとか。

 

そうすると、罪を犯した人は、その半年間何をしていれば良いのでしょうか?

ここで、お金を払って保釈(留置所などから出してもらえる。今まで住んでいた家などで

生活をして、裁判がくるのをそこで待つことができる)されるか、留置所、拘置所などの

場所でその裁判を待つかの選択することとなります。

 

留置所や拘置所というのは、基本的には1人に対して1畳分ぐらいのスペースしかなく、

携帯電話の利用(通話、ネットすべて)、パソコンの利用、テレビの視聴は原則として出来ません。また入浴にも制限があり(毎日は入れないし、一回の時間も決まっている)食事も好きなものが食べられるわけではありません。

上記以外にも色々な制限があり、そういう場所にいた人から話を聞くと、ほとんどの人が

それ以外の場所が良いというぐらいです。

基本的には罪を犯した可能性がある人の為の施設ですので、居心地が良いというような環境は

全くないと思っていたほうがいいです。

通信の制限、情報の入手の制限などは、罪を犯した人がその罪を消してしまったり、誰かを動かしてその罪を変えてしまったりということを防ぐ意味でもあり、基本的に外部との接触、情報伝達は

弁護士等を除き、すべて制限されています。

そんな場所なので、誰しもが保釈金を支払って、留置所や拘置所以外の制限の無い場所で

裁判を待っていたいと思うものですが、この保釈金というのは、案外高額であったりする為、

(今回の議員の保釈金も800万円)お金がもったいないと思う人や、金銭的に出せない人達は、

出たいのにも関わらずお金を工面できないために出れないという現実があります。

※保釈金は、罪状により変化する為、一律高額になるというものではありません。しかし、保釈金を積んで出る申請をするには、基本的には弁護士を雇わなければならず、その費用もうん十万という費用がかかってしまうので、それらを合わせると、基本的には高額になることが多いです。

images

 

保釈が認められる用件

保釈とは、保釈の申請があった際には、一定の例外事由にあたる場合を除いて、これを許さなければならないとされており、許可されるのが原則となっております。(刑事訴訟法第89条)

また,例外事由に当たる場合でも,「適当と認めるときは,職権で保釈を許すことができる」と定められています(刑事訴訟法第90条)

このように刑事訴訟法上では、保釈は許可されて当然というように思えますが、現実的には、「罪証隠滅のおそれがある」と認定され、保釈が認められない場合も多々あるようです。

保釈が許可されない例外事由とは下記の通りです

(1)死刑・無期・短期1年以上の懲役・禁錮に当たる罪を犯したとき。

(2)被告人が前に死刑・無期・長期10年を超える懲役・禁錮にあたる罪につき有罪の

宣告を受けたことがあるとき。

(3)被告人が常習として長期3年以上の懲役・禁錮に当たる罪を犯したとき。

(4)被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

(5)被告人が,被害者等の身体財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると

   疑うに足りる相当な理由があるとき。

(6)被告人の氏名又は住居が分からないとき。

 

この内大事なのは、4,5,6の太字の箇所です。

1,2,3、は条件に該当してしまったらしょうがないのですが、

逆に言えば、1,2,3の条件に当たらず、4,5,6の用件を満たして

いる場合は、原則保釈の許可が下りることになります。

自分の身に起きることはないと思いますが、何かのきっかけで、知り合い、身内などが

警察に連れて行かれることもあるかもしれませんので、大事な知識として

覚えておくと良いと思います。

4,5,6について、もう少し詳しく説明します。

(4)被告人が罪証を隠滅すると疑うに足りる相当な理由があるとき。

→罪証を隠匿する理由というのは、

例えば覚せい剤を大量に保有しているという疑いのある者が捕まっている場合、

もし外に出したら、隠してある覚せい剤を処分してしまうかもしれないからという

理由で、証拠隠滅の恐れがある為に出ることができません。

例えば、車で人をはねて、怪我をさせてしまった場合、その凶器となった車が、

警察に証拠として提供されている場合は、証拠がそれ以外に無いときは、その人は

この用件はクリアできます。

(5)被告人が,被害者等の身体財産に害を加え又はこれらの者を畏怖させる行為をすると

   疑うに足りる相当な理由があるとき。

→例えばAがBを脅して金銭などを取り、その際AがBに黙っていないと許さないぞと、と言ったにも

関わらずBが警察に密告し、そのことをAが知った場合、Aを保釈すると、恨みに思っているBに何か

報復をする可能性があると認めた場合は、保釈が認められません

(6)被告人の氏名又は住居が分からないとき。

→住所不定などの人は、保釈するとどこに住んでいるのかが分からないので、

次回の裁判の通知も出すことが出来ないため、認められません。

 

野々村元議員は、次回の裁判の際に、出頭してこないかもしれない。

逃走の恐れがあるという為、数日前の報道では、保釈が認められるか分からないと

されていましたが、今回の決定で保釈が認められたようで本人はほっとしていると

思います。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

 

 

 

spadosens

 - 国内記事