出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【自動車盗難の最新手口】イモビカッター、スマートキーも無効?

   

2003年の自動車盗難の認知件数は、64千件。

この時期をピークに自動車の盗難被害は減少していますが、プロと化している窃盗団は未だ暗躍し、窃盗を続けています。

最新の手口について紹介します

4021f9821168ef45bd8cea39c74ae523

今一番盗難被害が多い車は、トヨタのプリウス。

TO_S122_F002_M001_1_L

2013年まで、7年間連続盗難被害第一位は、トヨタハイエース。

2014年からは2位になりました。

20130628-020362

3位はトヨタの高級車である、ランドクルーザーです。

0000001928

いずれも最新型の車種が狙われています。

2004年頃から盗難防止で広く導入された、イモビライザー付き車両も盗まれているのはご存じのとおりです。

メーカーは盗難対策として新たにスマートキーを導入しましたが、イモビカッターにより、多くの車両が盗難されました。その後のメーカー側は対策を行いましたが、それでも新しい車種が被害にあっている状況です。

なぜこのようなことが起きるかというと、2014年頃から新たな盗難の手口が広まったからです。

それが、「キープログラマー」。スマートキーを制御するコンピューターのロックを解除して、エンジンをスタートさせてしまう装置です。

またスマートキーは、車から発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステムの為、スマートキーをもって近づくだけでロックが解錠されます。

その電波を利用して、はなれば場所のキーと車を照合して、解錠してしまう「電波ジャック」という手口も報告されています。

盗難防止装置も所詮は人間が作るもの。盗む側も同じ人間。日々いたちごっこで、盗難→盗難対策が講じられているような状況です。

無くては大変困るもの。普段からなるべく隙を与えないように注意しておきましょう。

記事引用(最新の車両の盗難手口)

スマートキーも無効!?自動車盗難の最新手口

2016/6/12 17:00 ラジオライフ.com

2003年、自動車盗難の認知件数は約64,000件。これをピークに被害は減少していますが、プロの窃盗団は暗躍し続けています。最新手口と対策を、イモビカッター対策で知られるカーセキュリティ会社・プロテクタの上條氏に聞きました。いまやスマートキーも安心できないのです。

スマートキーのイモビカッター

今、1番盗難に遭っているクルマはトヨタ・プリウス。そして、2013年まで7年連続ワースト1位だったトヨタ・ハイエースが2014年からは2位に。3位はトヨタの高級車・ランドクルーザーです。

いずれも最新型の車種が狙われています。2004年頃から盗難防止で広く導入された、キーとIDを照合させるシステム・イモビライザー付き車両でも盗まれているのはご存知の通りです。

メーカーは新たにスマートキーを導入しましたが、イモビカッターにより多くの車両が盗難されました。その後もメーカーは対策を行いましたが、それでも新しい車種が被害に遭っている現状です。

スマートキーの電波を増幅する

どうやら、2014年頃から新たな手口が広まっているようです。それが「キープログラマー」。スマートキーを制御するコンピューターを解除してエンジンをスタートさせる装置です。

また、スマートキーはクルマから発せられる微弱な電波を受信して送り返すシステム。スマートキーを持って近づくだけでロックが解錠されます。

その電波を増幅して、離れた場所のキーとクルマを照合させて解錠してしまう「電波ジャック」という手口も報告されています。このように、日々いたちごっこで盗難対策が破られ、また新たな対策が練られているのです。この情報は『ラジオライフ』2016年6月号に掲載されていました。

spadosens

 - 国内記事 , , , , ,