出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

24時間チャリティマラソンに出場となった林家たい平に贈られた物とは?

   

日本テレビ系『24時間テレビ39 愛は地球を救う』のチャリティマラソンの出場者ですが、なんと、林家たい平(51)に決定しました。

default_de850d10083b0168ae8df28884aeba6f

笑天の司会者を勇退した、桂歌丸師匠(文化庁が歌丸の文部科学大臣表彰を発表)の話題作りの為に、一番若い林家たい平氏に白羽の矢がたったのでしょうが、51歳という年齢でどこまで頑張れるのか?練習が気になるところです。

そんな林家たい平氏ですが、マラソンに出るのが決定してから、ファンが送ってくれたプレゼントについて、林家たい平のブログで紹介しています。

ネタばれですが、ファンが林家たい平に贈ったプレゼントは、

o0800060013671512445

干しシイタケ、切干大根、干し芋、ドライフルーツ、干ぴょう等。

実は、このプレゼントには意味があります。

何だか分かりますか?

o0719096013671512489

プレゼントは、すべて乾燥しているもの。

乾燥=完走(マラソンを)

という落ちがついたプレゼントでした。

流石に気がついて良かったですね。

他にも寄せ書きなど、応援を告げるメッセージが多数。

本人はこれに勇気づけられ、頑張ると言っています。

番組の為にも、師匠や関係者の為にも選ばれたからには頑張ってほしいものです。

ちなみに、歴代のランナーは以下です。

24時間テレビ歴代のマラソンランナー

1992年  間寛平 1回目 200km

1993年  間寛平 2回目 200km

1994年  ダチョウ倶楽部(肥後克広、寺門ジモン、上島竜平)

100km

1995年  間寛平 3回目 600km(神戸~東京を7日間で完走)

1996年  赤井英和 100km

1997年  山口達也 100km

1998年  森田剛  100km

1999年  にしきのあきら 110km

2000年  トミーズ雅 150km

2001年  研ナオコ  85km

2002年  西村知美  100km

2003年  山田花子  110km

2004年  杉田かおる 100km

2005年  丸山和也  100km

2006年  アンガールズ(田中、山根)100km

2007年  萩本欽一  70km

2008年  エド・はるみ 113km

2009年  イモトアヤコ 126.585km

2010年  はるな愛   85km

2011年  徳光和夫   63.2km

2012年  佐々木健介、北斗昌ファミリー 120km

2013年  森三中 大島美幸 88km

2014年  城嶋茂  101km

2015年  DAIGO  100km

記事引用(林家たい平、24時間テレビのマラソン決定の際、ファンから送られた物)

たい平、ファンから干し芋など贈られる その心は?

デイリースポーツ 6月13日(月)14時3分配信

 落語家の林家たい平(51)が13日、ブログを更新し、今年の24時間テレビチャリティマラソンランナーに選ばれたたい平のために、ファンが贈ったユーモアあふれるプレゼントを披露、改めてマラソン練習を頑張ることを誓った。

ブログでは、12日に行われた独演会の様子をアップ。そこでファンから差し入れられたプレゼントの写真を公開したが、写っていたのは干し椎茸にドライフルーツ、切り干し大根、干し芋などなど…。一瞬戸惑うものばかりだが、実はこれらは「すべて乾燥」したものばかり。「『マラソン完走できますように!』という大喜利のようなプレゼントでした。嬉しいですね!!」と、乾燥と完走をかけたプレゼントだったと明かした。

他にも会場には応援寄せ書きコーナーができており、数多くの応援メッセージが書き込まれていた。「これも嬉しい 嬉しいことに囲まれて幸せです 頑張って練習します」と、気持ちも新たにマラソン練習に励むことを誓っていた。

 

spadosens

 - 芸能 , , , , ,