出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【パチンコ店に大ダメージ】警視庁が年内にパチンコ台の撤去を要請

   

パチンコ店にとって大ダメージとなるニュースが公表された

簡単にまとめてみると、

警視庁から、日工組、全日遊連、日遊協に対し、検定機と性能が異なる可能性のある遊技機(以下、「回収対象機」)について、①回収対象機の公表は6月中にすべて行う、②回収対象機は年内に撤去する、③撤去に関する声明を14団体で出す、という3点を要請した。

という内容である。

更に分かりやすく言うと、

今パチンコ店の店内にある遊技機の内、ルパンになるかもしれないし、海になるかもしれない、ガロになるかもしれない。何かは未定だが、そのうちの数機種を指定し、それを6月末までに公表する。

公表後、その機種は年内に撤去しなければならない。

ということです。

撤去に伴う費用とか、撤去した空き地に新台もしくは中古台を入れる費用とか、手間とか、その点については支給するとは書かれていないので、全部ホールの負担になるものと思われます。

でも、ホールの負担って、最終的には客のところに回ってきます。

ホールは利益を出さないと存続できないので、マイナス分が出た場合は、当然にお客様の財布から回収する(出来ないと潰れてしまうこともあるから)という流れになろうかと思われます。

パチンコ店とっても大ダメージですが、最終的に、その影響は客も受けるので、客にとってもダメージとなりそうです。

mig

それにしても、パチンコ業界に関しては、

どんどんどんどんマイルドな機種になっている。

東京都は等価交換が禁止された。

釘曲げ問題の問題で、送検されたパチンコ店店長が出てしまった。

岡山県でライター自粛となった。

等、行政側の指導という名目で、大きな改革がなされていますが、客にとって、これは本当に必要なことなのか?と思える人も多々。

また、ここ最近パチンコパチスロ店の倒産が増えているのも事実です。

この行政側の動きというのは、パチンコ業界を小さくしようとしているのでしょうか?それとも、ギャンブル依存症等の人達を減らすための薬としての意味を持ちやっていることなのでしょうか?

競馬競輪競艇などの公営ギャンブルには改革なしで、パチンコパチスロ店を標的にするここ最近の動きには首をかしげる部分が多々あります。

皆さんはどう思われるのでしょうか?本当のお客の意見、是非聞いて頂きたいものです。

gyogun02-e1384991796242

記事引用(パチンコ店に大ダメージ、パチンコ台年内撤去を警視庁が要請)

警察庁 遊技くぎ問題に関する回収対象機の全リスト公表と年内撤去を要請

警察庁は5月30日、日工組、全日遊連、日遊協に対し、検定機と性能が異なる可能性のある遊技機(以下、「回収対象機」)について、①回収対象機の公表は6月中にすべて行う、②回収対象機は年内に撤去する、③撤去に関する声明を14団体で出す、という3点を要請した。

回収対象機については、4月27日の衆議院内閣委員会において国家公安委員会の河野太郎委員長が、民進党所属の高井崇志衆議院議員の質問を受け、「型式検定を受けた性能と全く違うものしかなかった、というのはあってはならないことだし、これは由々しき問題だと思っている。関係団体が早急に全て回収といっているので、警察としては、これがきちんとやられるように監視をしていく」などと答弁していた。

spadosens

 - 勝負事 , , , , , ,