出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

お墓の銅製の花筒を盗んだ男を逮捕!理由は?

   

お墓の花筒で、銅製のものを150個盗んだ男が逮捕されました。

お墓の花筒とは、

hanatate2

こういった墓石の前に銀色の花を入れられるようなものが見えますが、こちらです。画像はステンレス製ですが、

銅製の場合は、こちらのようなものとなります。

img58182954

この花筒は、ねじ込み式等、手で回すと取れてしまったり、道具などで簡単に取ってしまうことができるものです。

1_0000000339

墓地、霊園など、大規模なものは何百と墓石があり、基本的に、誰しも出入り自由の場所が多いので、この花筒を盗むのは、比較的簡単にできたものと思われます。

この銅製ばかりを狙った理由ですが、銅というのは、売ることが出来るのです。大体1kgあたり、300円~500円(相場、需要により変動する)程度。

専門の業者がおりまして、ホームページなどからでも引き取り依頼、または持ち込みよる買取などを交渉することが出来ます。(ある程度まとまった量が出来た場合ですが)

身近にあって販売できる銅は、電気の線。

055

少し太めの電気の線を切ってみると、中に銅線が入っています。

このケーブルごと出しても引き取ってもらえる業者もありますが、

中を剥いて純粋に銅だけで出すと、買取価格が高くなる場合が多いです。

001

因みに、線路が切断されて盗まれた(鉄を盗まれた)。廃線のトンネル内の部品が盗まれた等は、基本的に転売です。

鉄も、銅も、プラスチックも、ダンボールも、値段は異なりますが、皆買ってもらえます。

おそらく、墓の銅製の花筒を盗んだ容疑者も、銅は金になることを知っていたのでしょう。窃盗は悪いことですが、誰もしてこなかっことをしたという着眼点は、驚きです。(バチがあたる気しかしませんが)

皆様も、もしも自宅を壊した際に、地面から銅製品がたくさん出てきた場合、売れるかどうかを確認してからにしましょう。

知らない人は廃品業者にお金を払って処分してもらいますが、知っている人は、鉄くず屋などに確認して、それをお金に替えています。

maxresdefault

記事引用(銅製の花筒を150個盗んだ男逮捕)

墓の花筒150個盗んだ疑い、男を逮捕 銅製ばかり標的

霊園のお墓から銅製の花筒150個を盗んだとして、和歌山県警は1日、和歌山市湊通丁南3丁目の無職園拓夢(そのたくむ)容疑者(28)を窃盗の疑いで逮捕し、発表した。容疑を否認し、「盗みをするために霊園まで行った記憶はない」と話しているという。

和歌山東署によると、園容疑者は昨年12月29日~今年1月6日、和歌山市内の霊園内で、墓に供える花を立てる花筒150個(時価計135万円相当)を盗んだ疑いがある。花筒は県内の金属を扱う業者に売却されていたという。ステンレス製の花筒は盗まれていなかったという。

この霊園では昨年11月上旬から12月末にかけ、銅製の花筒130個が盗まれる被害があり、同署が関連を調べている。

朝日新聞社

 

 

spadosens

 - 国内記事 , , ,