出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

プロレスラーのハヤブサこと江崎英治さんが死去。プロレスラーって短命?

   

覆面プロレスラー、ハヤブサさんってどんな人?

プロレスラーハヤブサさんが、3月3日に、膜下出血で亡くなった。

47歳だった。

プロレス好きの方ならご存知だと思うが、類まれなるセンスと、トップレスラーに

不可欠な華を兼ね備えった選手で、将来はプロレス界を背負って立つ男として、

期待されていた人物だったが、2001年、試合中に頸椎を損傷。

以来車いすでの生活となり、リハビリに専念していたが、

ハヤブサはプロレス引退をかたくなに拒否し続けた。

現役復帰を諦めていなかった。

実際、近年は杖が無くても自力で歩けるまでに回復していたという。

imageshayaimages (1)

覆面レスラーハヤブサさんのプロフィール

覆面レスラーハヤブサさんの本名は、江崎英治

1968年11月29日、熊本県、八千代市生まれ。

1991年に大仁田厚ひきいる、FMWに入門し、

同年5月5日に名古屋国際会議場で大会デビュー。

当時からその甘いマスクは群を抜いており、ファンも多かった。

なお江崎さんが付き人を務めていた大仁田厚が、嫉妬心からすぐに

その役から外させたのは、有名な話だ。

その後、1994年に開催されたJrヘビー級レスラーの祭典、

「スーパーJカップ」で大ブレイクし、その名を全国のプロレスファンに

知られる存在となった

FMWでは、大仁田厚が引退し、新生FMWとなってからは、エースとして活躍。

ファンたちを唸らせるようなファイトを連日繰り広げた。

このプロレスのレベルは高く、FMWを超え、そのほか大勢のプロレスファンからも

認められ、実力、名声ともに広まっていった。

プロレスラーって短命なのはなぜ?

プロレスラーが短命な理由は、やはり頭部への過剰なダメージです。

頭部への衝撃は脳を揺らします。

脳は揺れる=ダメージという繊細な場所です。

長年パンチを受け続けたり、ブレーンバスターなどの技

(相手を放り投げる技)をくらっていたら、脳は揺れ続け、

その分老化していきます。

またこの事は体全体にも言えます。

投げ技、打撃などで、ピンポイントに部分的な箇所が損傷することも

あります。

また体というのは全体でつながっており、一か所が損傷すると、

ほかの箇所がそれを補うという働きをするため、補っている方も弱くなり、

一か所が駄目になると全体に影響してしまいます。

 

神経や筋力を含む様々な場所が、試合のたびに悲鳴を上げているというのが

事実。短命なのはやはり過剰な試合内容によるものです。

 

大仁田厚がハヤブサさんの死を悼み5日緊急会見

亡くなったハヤブサさんの師匠である、大仁田厚さんが、3月5日、

東京都内で緊急記者会見をすると発表しました。

会見には、プロレスラーの雷神矢口様も出席する予定です。

47歳の若さで3日に急死した覆面レスラー・ハヤブサさんの“師匠”のプロレスラーで元参院議員の大仁田厚(58)が、5日に都内で緊急会見することを発表した。

ハヤブサさんは1991年、FMWマットでデビュー。メキシコ修行を経て大仁田の引退試合の相手を務めるなど絆が深い。

会見にはプロレスラーの雷神矢口(年齢非公表)も出席する。東スポWeb 3月4日(金)17時15分配信

このニュースは、復帰を今か今かと待ちわびていたファンにとって、

また全国のプロレスファンにとって、大変ショッキングなニュースになって

しまったことと思います。

ご冥福をお祈りします。

 

spadosens

 - スポーツ , ,