出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【婚活詐欺】婚活サイトで知り合った女性にマンションを買わせ逮捕

   

ネットの広告に流れる婚活の広告。

たくさん流れているところを見ると、それなりの需要も見込めるのだろう。

そんな婚活をしている女性をターゲットにした新たな不動産詐欺が発覚した。

images

今回女性に対して、無免許で割高なマンションを買わせた疑いがあるとして逮捕されたのは、大阪市で不動産会社を営む、岩谷英秀容疑者(31)、同社元社員の篠原丈夫(45)、酒巻成宜(32)氏の3名。

この3人は、それぞれ役割分担をしていた。一人は婚活サイトからターゲットとなる女性を引っ張ってくる役。もう二人は1千万上乗せした割高なマンションを販売するという役である。

3人の内、32歳の酒巻容疑者が婚活サイトに登録。同婚活サイトに登録していた34歳から42歳の女性会社員3人に対し連絡をとり、なんとかデートを重ね、仲良くなった後、さも結婚すると見せかけて、マンションを購入しないかという話を持ちかける。

女性の方は、結婚するのだし、家は必要だから、また未来の旦那さんが薦めてくれるし、将来は一緒に住むのだと勘違いし、気を緩めるのであろう。

酒巻容疑者の巧みな話術などに騙され、酒巻容疑者の仲間である不動産販売会社の岩谷英秀容疑者(31)、同社元社員の篠原丈夫(45)に薦められる、実際の相場よりも1千万割高に設定された2700万円のマンションを買わされた疑い。

20110316162117

この事件は、不動産販売会社「Office Rock Valley」(大阪市中央区、2015年8月に登記閉鎖)が、無免許で宅建業を行った為、宅地建物取引業法違反により逮捕となった。

日本の法律では、不特定多数のものに対し、不動産の売買などをする場合は、宅建業の免許を申請していなければならず、それをしない場合、それらを定めた宅地建物取引業法違反として罰則が科せられることになっているからである。

しかし、ちょっと考えてみると、免許を持った不動産会社が、上記のような犯罪をした場合はどうなってしまうのだろうか?

基本的に、契約自由という原則があり、売買など当事者が合意の上行った契約は有効である。そこに正規の免許を持った宅建業者が介した契約となったとしたらと考えると恐ろしい

マンションなどの高額な物件を購入する際は、複数の不動産会社に市場価格を聞いてみる。それでも怖ければ、不動産鑑定士などの専門家に問い合わせてみるなどのことをしてみた方が無難であるように思う。

記事引用(婚活サイトで知り合った女性にマンションを買わせた男を逮捕)

婚活装い割高マンション販売 無資格容疑で3人逮捕

朝日新聞デジタル 5月19日(木)12時25分配信

宅建業の資格がないのにマンション販売の仲介をしたとして、警視庁は、不動産販売会社「Office Rock Valley」(大阪市中央区、2015年8月に登記閉鎖)の元実質経営者岩谷英秀容疑者(31)=大阪府河内長野市清見台3丁目=ら3人を宅地建物取引業法違反(無免許)の疑いで逮捕し、19日発表した。

ほかに逮捕されたのは同社元社員の篠原丈夫(45)=東京都稲城市矢野口=、酒巻成宜(32)=東京都渋谷区鶯谷町=の両容疑者。3人は婚活サイトで出会った東京都内の女性に、割高でマンションの購入を持ちかけていたという。

生活経済課によると、3人は2013年6月20日ごろ~同年9月8日ごろ、宅建業の免許を受けずに、東京都内の34~42歳の女性会社員3人に対し、ワンルームマンションをそれぞれ投資目的で販売する仲介をした疑いがある。婚活サイトを通じて客を探し、マンションの購入を勧めていたという。

捜査関係者によると、酒巻容疑者が婚活サイトで知り合った女性とデートを重ねてマンション購入を持ちかけ、勧誘役の篠原容疑者と引き合わせていた。契約金額はいずれも1戸約2700万円で35年ローンだったが、相場より1千万円ほど割高だったという。(阿部朋美)

朝日新聞社

 

 

 

 

 

spadosens

 - 国内記事, 未分類 , , , , ,