出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【新しい環境に適応できない】5月病かな?と思ったら考えてみたいこと

   

ゴールデンウィーク明け、環境になじんだと思ったら、ほっと一息できる連休があり、そこから再度緊張が続く生活に突入。

新しい環境に適応できない。昔の環境が恋しい。そんな5月病が気になる時期です。

でもこの時期しんどいなと思ったら、一度自分を見つめなおして見るのはいかがでしょうか?

images

生きていくうえで何を大切にするのかを考える

忙しい生活の中、限られた時間の中でたくさんの物事を処理するためには、何が重要で何が不要かについて、取捨選択することはとても重要です。

日々自分の身に降りかかるたくさんの出来事、その中で、自主的に、必要な物を吸収し、不要な物を捨てていく。そんなことが出来ないと、たちまち頭がいっぱいになってしまい、休日は気がつけばベッドから起きてこなかったなんていう生活になってしまいます。

しかし、「幸せになるために一番必要なことは何ですか?」という質問に対し、自分なりの基準があり、明確に答えられた人は、あるアンケートによると全体の4%程度に過ぎませんでした。

ほとんどの人が選んだ回答は、「感謝を忘れないようになる」(72%)「他人に親切になる(心にゆとりを持つ)」(15%)という結果になりました。人に優しい人とというのは、心に余裕とゆとりがある。広い視野と広い心がある。誰が見ても魅力的な人間に見えますよね。でもなかなかそれが出来ない。

上記は一例ですが、こんな自分になりたい。そんな事を想像してみるのはいかがでしょうか?

1日1回は幸せだと思える事を見つけよう

「1日の内に1回、小さな幸せを見つけることができますか?」この質問に即答できる人は、幸せな人です。あなたの生活の中には、探せば少なくとも1日1つは幸せなことがあるのですから。

でもここで無いと思った方に質問です。たとえば晴天で気持ちが良い。通勤電車に間に合った。ランチで食べた料理がめちゃくちゃ美味しかった。電車内の中吊りに興味がある記事や本が紹介されており、買って読む楽しみが出来た。夜に電車に乗っていたら、思いっきり口をあけてよだれをたらしている人がいて、見ていてとても面白かった。など等、実は幸せだと思っている人があげた回答というのは、ものすごいシンプルなものです。心の状態でそのことを良く思ったり悪く思ったりしてしまいがちですが、誰しも1度ぐらいは幸せだなと感じたことがあったはずです。

出来たらそのときのことを思い出し、1日1個の幸せを探してみてください。小さな事ですが続けると、充実感や幸福感を味わうことができ、少し前向きになれます。

やりたいことはありますか?

目の前のちょっとした事で落ち込んでしまったり、些細な事にいらいらしてしまったり、やる気が出ない。自信が無いと感じてしまうのは、もしかしたら、目標や目的が分からなくなってしまっているからかもしれません。

目標や目的というのは、人それぞれにより異なり、時間や場所、環境によっても変化するものです。また常に持っているものでもなく、全く無いという時期もあるかと思います。

しかし、幸せというカテゴリーで見ると、目標や目的を持つというのは、自分の好きなこと、楽しいと感じることに、限られた時間を配分することが出来るという意味でとても必要なことです。

大リーガーのイチローが小学校6年生のときに書いた作文は有名な話ですが、成功する人、充実した人生を過ごす人は、大体この目標なるものを持っているとされています。

人には無限の可能性があります。自分を信じて、出来る出来ないは無しにして、夢を含めわくわくするような目標を考えてみてはいかがでしょうか?

ダウンロード

イチローが小学校6年生の時に書いた作文

僕の夢は一流のプロ野球選手になることです。
そのためには、中学、高校と全国大会にでて活躍しなければなりません。
活躍できるようになるためには練習が必要です。
僕は3才の時から練習を始めています。
3才から7才までは半年くらいやっていましたが、3年生の時から今までは、365日中360日は、激しい練習をしています。

だから1週間中で友達と遊べる時間は5~6時間です。
そんなに練習をやっているのだから、必ずプロ野球選手になれると思います。
そして中学、高校と活躍して高校を卒業してからプロ野球選手になれると思います。
そしてその球団は、中日ドラゴンズか、西武ライオンズです。
ドラフト入団で、契約金は、1億円以上が目標です。

僕が自信のあるのが投手か打撃です。
去年の夏、僕たちは全国大会にいきました。
そして、ほとんどの投手を見てきましたが、自分が大会ナンバーワン選手と確信でき、打撃では県大会4試合のうちホームランを3本打ちました。
そして、全体を通した打率は、5割8分3厘でした。
このように自分でも納得のいく成績でした。
そして僕たちは1年間負け知らずで野球ができました。
だから、この調子でこれからも頑張ります。

そして、僕が一流選手になって試合に出られるようになったら、お世話になった人に招待状を配って応援してもらうのも夢の一つです。
とにかく一番大きな夢はプロ野球選手になることです。

人間は全く同じ人が居ないといわれています。遺伝子など同じようなものが作られないように出来ているようです。種の保存という意味で、滅びない為必要だと思いますが、逆を言えば、皆完全に自分とは違う人達。

アドバイスといって、色んな事を言ってくる人、批判する人、賞賛する人、色々いるでしょう。でも、同じ人間が居ないわけだから、理解されなくて当然。理解しているようだけど、本当に分かっているのかなー程度に考えていた方がいいのかもしれません。自分のことを一番わかるのは自分自身。自分を見つめなおし、自分を知り、自分と仲良くなることが、人生の中で基礎となる大事なことだと個人的には考えています。

1度時間をとって考えてみてはいかがでしょうか?

ダウンロード (1)

 

spadosens

 - 時事ネタ , , , , ,