出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【果物の選び方】傷ついたフルーツの方が甘く、栄養価も高いの?

   

果物を買うときは、手にとって傷んでいないかどうか?おいしそうな色をしているか?チェックする人は多い。

しかし、アメリカで果樹園を営んでいる、エリザグリーマン氏の意見は、傷んでいる方を選ぶのが正解といいます。

IMG_8486

彼女は非公式ながらも同じ木になっているりんごを比較した。その結果、傷んでいるりんごの方が糖度計で計測した結果、2~5%糖度が高かったこと(糖度が高いほうが甘い)から、その他の栄養素にも影響がないか疑問に思い、調べた結果について紹介しています

アメリカ-リンゴ狩り-4-1024x768

果物は傷ついたものを選ぶべき?

アメリカの非営利団体、公共ラジオネットワーク(NPR)が、彼女の意見を基に紹介した3つの研究結果があります

120226-8-728

傷んだフルーツの方が糖度、フェノール、フルーツさんの数値が高い?

「ケンブリッジ大学出版局」が発表した、有機栽培(無農薬)で栽培されたリンゴと、そうでない栽培方法でのリンゴを比較した結果、有機栽培で栽培されたリンゴは、糖度、フェーノール(抗酸化物質。体を錆びにくくする物質。若さを保つ成分といわれている)、フルーツ酸の数値が高くなりました。

また、「Science Direct」(アメリカの研究論文)にある、果物の傷みの有無に関する調査結果では、感染症や、紫外線(太陽の光)の影響下にさらされた葡萄の抗酸化物質レスベラートルの数値が驚くほど高かったことが分かっています。

レスベラートルとは、長寿遺伝子を活性化させるポリフェノールとして、注目されており、サプリメントなどで摂取する人もいます。

LeResveratrol

以上のことから、有機栽培(無農薬)虫や鳥が寄ってきたり、風雨、お日様に晒される、果物にとっては外的なストレスが高い環境で育った果物の方が、糖度や栄養価や抗酸化物質が豊富であり、また有機栽培の方が、農薬を使用していないため、体への影響も弱いというのが彼女の主張です。

このことについて、クレムゾン大学のブライアンワード学士は、「虫や感染症によって傷ついた果物が、人間にとって良い代謝物を生成しているという興味深い結果が出ていることは確かだ」とその可能性を認めています。

傷んだ果物の安全性は?

「The Weather Channel」は、「Food Drive」(米国の助け合い運動の1つ。食べ物を集めて、貧困層に送る運動)に掲載されたキャロラインヘネガンの記事を紹介。傷んだ野菜が目に見えた健康被害を誘発する可能性は高くないという研究結果があるそうです。

そのほか、デンマークにオープンした、賞味期限が切れているけど食べられる商品を扱うスーパー「WeFood」や、カリフォルニアの見た目は悪いけど、新鮮で美味しい野菜を販売するサービス「Imperfect Produce」について、どちらも食料廃棄を減らす事例があり、食料品に対する評価基準が見直されつつあることを示す実例として紹介されています。

又日本の卸売市場を経由して販売されている農産物は、規格があり、曲がったキュウリとか、大きすぎたり、小さすぎたりするものは、規格外とされ、商品として認められず、農家から出荷されず、最終的には廃棄されていました。

今は見直され、道の駅、農協などが、二本足の大根や曲がったキュウリなどを販売しています。

132092292324413102293_c-P1060564f0234981_9504740

また果物についても、変形した苺について、苺に精通しているプロの方が、変形した苺と、そうでない苺について、見た目が違うだけで味の違いは全くありません。むしろ、変形していたほうが少し味が良いかもしれないと言っています。

7e6f4ff5

品種は同じアマオウという苺ですが、下の写真は変形しています。

images

果物も人間と同じように。色んな大きさ、形に育つものです。むしろ似ているほうがおかしいのですが、消費者がまっすぐなキュウリ、同一の形の商品を求める為に、農家が色んな手を尽くして同じような作物を生産しているだけ。

変形、傷つきなどはあまり気にしないほうがいいようです。

そう考えてスーパーに行くと、今まで見た目で選んでいた人にとっては選択肢が広がるし、実際にそういう商品を購入して味の違いを比べてみるのも楽しみの一つになると思います。農家にとってもそういう商品が売れることは嬉しいこと。国全体で考えても、食品廃棄ロスが減ることは良いことだと思います。

記事引用(傷んだ果物の方が甘く栄養素も多い)

「傷んだフルーツ」のほうが甘く、栄養価も高い?

2016/5/8 06:05 TABI LABO

フルーツを買うときには、手にとって傷んでいないかどうかをチェックするもの。しかし、果物園を営むエリザ・グリーンマン氏の意見は逆。むしろ傷んでいるほうがいいと言います。

彼女は、非公式ながらも同じ樹になっているりんごを比較。その結果、凹みがあるほうが2~5%糖度が高かったことから、そのほかの栄養素にも同様の影響があるのではないかと疑問に思ったそう。様々な研究結果とともに、その持論が紹介されています。

「傷んだフルーツ」を選ぶべき?

アメリカの非営利・公共ラジオネットワーク「NPR」が彼女の意見とともに紹介したのは、3つの研究結果。

1つ目は、「ケンブリッジ大学出版局」が発表したオーガニックとそうでない農産物の抗酸化物質の数値を比較したもの。2つ目は、「ネイチャー」に掲載されたオーガニックとそうでないりんごに含まれている糖度、フェノール、フルーツ酸の数値を比較したもの。どちらも無農薬で育ったもののほうが値が高くなりました。

そして、3つ目は「Science Direct」にある、フルーツの傷みの有無に関する調査結果。ここでは、感染症や紫外線の影響下に晒されたグレープの、抗酸化物質レスベラトールの数値が驚くほど高かったことがわかった模様。

以上のことから、「傷んだフルーツ」のほうが糖度や栄養価が豊富で、農薬を使用していないため身体への影響も弱いだろう、というのがグリーンマン氏の主張です。「外的ストレスがあったほうがより良いフルーツに育つと確信している」とのコメントも。

これについて、クレムゾン大学のブライアン・ワード学士は、「土に含まれるミネラルや肥料によってどんな作物に育つかは変わるため、あくまで育った経緯よりも作物そのものがどうなのかが重要」と前置きしながらも、「虫や感染症によって傷んだフルーツが、人間にとって良い代謝物を生成しているという興味深い結果が出ていることは確かだ」とその可能性を認めています。たしかに、一理あるのかもしれません。

とはいえ、安全なの?

「もっとスーパーに傷んだ野菜を並べるべきだ!」なんて発言もありますが、その安全性は気になるところ。

「The Weather Channel」は、「Food Dive」に掲載されたキャロライン・ヘネガンの記事を紹介。傷んだ野菜が目に見えた健康被害を誘発する可能性は高くないという研究結果があるそうです。

そのほかデンマークにオープンした、賞味期限切れだけど食べられる商品を扱うスーパー「WeFood」や、カリフォルニアのブサイクだけどフレッシュで美味しい野菜を販売するサービス「Imperfect Produce」についても言及。どちらも、食料廃棄を減らす目的があり、食料品に対する評価基準が見直されつつあることを示す実例として紹介されています。

グリーンマン氏は「私たちは傷んだフルーツの存在を完全に甘く見ていたのかも」と記事タイトルに書いていますが、ちょっとくらいの傷や凹みがむしろ逆に美味しくて健康に良い証拠だったーーという可能性を考えると、食品を見る目が変わってきますね。より詳しい実験結果については、彼女のブログで確認できます。

Reference:NPR,Cambridge University Press,Nature,Science Direct,The Weather Channel,ELIZA GREENMAN

 

 

 

 

spadosens

 - 得な情報, 海外記事 , , , ,