出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

コンクリート詰めの水死体が浮かぶ、刺青から身元判明!

   

足元の部分をコンクリートで固められた、男性の遺体が漂着する事件が起きた。

ダウンロード

暴力団のような人が、映画の中で、「コンクリートにつめて海に沈めるぞ」なんて言っていることがありますが、そんな事件が本当におきてしまいました。

ご存知かと思いますが、コンクリートは死体が浮いてこない為に、おもりとして使用します。

ダウンロード (1)

事件が起きたのは、アメリカニューヨーク州、ブルックリン地区の海岸。海岸には、黒いプラスチック製の袋が漂着していた。それを大学生が見つけ、大きさなどから警察に通報したところ、中から足の部分がコンクリートで固められ、腕が背後で縛られ、口や鼻を含む頭部はテープでぐるぐる巻きにされた男性が発見された。

この男性の体には、ビリヤードの8番ボールの刺青と、バラの花に囲まれた聖母マリア像の刺青が体に刻まれていたことから身元が判明した。

8-3

男はギャング組織「クリップス」の傘下組織の一員。複数の逮捕歴があり、危険行為や武器の違法所持などの罪に問われていた男だった。

クリップスというのは、日本の暴力団のようなもの。ギャング組織である。構成員3万5千人。黒人が大多数で、活動範囲は、アメリカ全土、インド、ロシア、ミクロネシア連邦にも多数存在。殺人、強盗、麻薬取引などをする組織であるとされている。

男の体に彫られていた刺青だが、ビリヤードの8ボールについては、この刺青をいれる人も多い。サッカーのスイス代表ディエゴ・ベナリオ選手の腕にも8ボールの刺青が。

e0006307_1845482 e0006307_18421897

ベナリオ選手が8ボールを入れた意味は、ラッキーアイテムの為。

8ボールは、ビリヤードでは相手を不利にすることもできるボール。最後は落として総理となることから、他のボールとは違って特別なボールを意味します。そこから、特別な人という意味もあります。

tattoo-maria1

男の体に彫られていたもうひとつの刺青、聖母マリア像ですが、このマリア像を彫る意味は、「神への祈りを捧げる際にマリア様に一緒に祈りを捧げてもらう様に執り成しをお願いする」と言う意味があります。

マリア像の力を借りて願いを叶えよう。そういうことだったのかもしれません。

コンクリートを巻かれて海に沈める。漫画や映画の世界。作った話かと思っていましたが、実在するようです。ちょっと恐ろしいですね。

記事引用(男がコンクリートを巻かれて海に沈められる→水死体が漂着する)

足元がコンクリート詰めのギャングの遺体漂着、米NYの海岸

CNN.co.jp 5月7日(土)17時22分配信

(CNN) 米ニューヨーク市警は7日までに、同市ブルックリン地区の海岸に足部分がコンクリートで固められたギャング組織の一員とみられる男性の遺体が漂着する事件が起きたと報告した。

マフィア内部でうわさされる処刑方法を地で行くような犯行となっている。

この男性は28歳と見られ、ビリヤードの8番ボールとバラの花に飾られた聖母マリアのタトゥーが体に刻まれていたことなどから身元が判明した。今年2月から行方不明になっていたという。

犯行の動機は不明だが、市警は殺人事件として調べている。海中に沈められていた期間もわかっていない。同市警の捜査員によると、男性はギャング組織「クリップス」の傘下組織の一員。複数の逮捕歴があり、盗まれた私有財産の所持、危険行為や武器の違法所持などの罪に問われていた。

遺体は黒いプラスチック製の袋に入れられ、腕が背後で縛られ、足がコンクリート詰めとなっていた。口や鼻孔を含む頭部がテープで巻かれていたという。ニューヨーク市の検視当局によると、死因は窒息死だった。

遺体は多数のマリーナが集まり、東欧系やロシア系移民の住民が多いシープスヘッドベイの海岸で大学生が見付けていた。

 

spadosens

 - 海外記事 , , , ,