出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

パチスロ・パチンコライターの実戦は自腹なのか?

   

パチスロ・パチンコライターの仕事とは、昔なら雑誌に台を打った感想、その台の面白い点、設定判別要素などを書いていたのだが、今は動画出演が主なものとなっている。

f224d50f

ライターとは名ばかりで、動画の中で、台の魅力を伝えたり、打ち方を説明したりしていて、それが仕事となっている。

pr_img_1

この2人ともかなりインパクトのある方に見えるが、実際にパチスロ・パチンコライターと呼ばれる人達は、色んな経歴の人がいるが、誰かが言ったのは、どこにも属せなかった人達で、動画を見ても、個性がものすごい人達であるように思う。

パチスロ・パチンコライターの実戦費は自腹か?

パチスロ・パチンコライターの仕事は、店舗で実際に台を打つことで、それを動画にすることである。

開店時間のちょっと前に、店舗前でその日の抱負を述べ(狙い台は何か?このぐらい勝ちたいなど)10時~19時ぐらい迄実践し、最後にその結果を収録して終了というような流れで進む

img_sec3_07

ライターは大体人気台を打つことが多く、

パチスロだったら、アナザーゴットハーデスを打っている人も多数。

0

動画の撮影時に引けないで、朝から天井到達なんて動画も結構ある。

その投資額およそ5万5千円(1570ゲームが天井)

SONY DSC

ハーデスが出ても、上乗せ100Gで終了なんてこともざらにあり、その場合の負債額は、約5万円。

そしてそういう実戦動画のほとんどが負けている。しかも一回平均およそ2~4万程度負けている動画が多く、出演料としてギャラをどのぐらいもらっているのか知れないが、こんなに負けたら、とてもではないが平常心で遊戯できないな。仕事で打たないといけないにしても、胃が痛くなるような実戦だとはたから見てても思っていたのだが、ある動画を見て、意外な事実が発覚した。

パチンコ・パチスロライターの中でも一番の古株、大崎一万発氏が動画の中でこう言ったのだ。

ダウンロード

負け補償なる、動画実戦で負けてもその店舗から負けた金額を支給してもらえる制度があるらしい。

大崎一万発氏は負け補償をしてもらっていないらしく、実戦=自腹となるのだが、負け補償をもらっているライターは、実戦=店のお金となるわけである。負けてもその金額を補償してくれるのだから、いくら負けても全然平気というわけだ。

動画の4:40秒ぐらいのところから見ると良いです。

大崎一万発氏と言えば、何でも口にしてしまうことで有名な方。今回の動画を見る限りでも、負け補償という制度は存在するのであろう。大崎氏が話ている負け補償をもらっているライターであるが、自分の勝手な想像だと、○○○氏と、○○○○氏ではないかと思っているのだが皆さんはいかがでしょうか?

さて、次は他の動画でまたしても大崎一万発氏が実戦取材のギャラに関する言葉を漏らしていたので、そちらを紹介します

パチンコ・パチスロライターのギャラはいくら?

ダウンロード (1)

万発・ヤングのわかってもらえるさ

というパチンコ・パチスロ実戦番組があるのだが、この中で大崎一万発氏が、今日はギャラが無料だ。

パチンコで負けたから、ギャラがなくなったと大騒ぎをしていました。

ちょうどその時の負け金額が6万円程度。

負け補償をしていない大崎氏が自腹実戦で6万負けて、ギャラが無くなったということは、1回の撮影でもらうギャラは、6万円程度ではと思う。

また別番組の、万発 ういち ヤングもうちょっと風に吹かれて

の中でも大崎一万発氏は、ギャラの事を言っており、ここでは1回当たり、5万から10万円で出演しますとはっきりと言っていたのを覚えています。

ということで、大崎一万発氏の1日の実戦動画の出演料は、自腹実戦でギャラは、5万~10万程度と言ったところでしょう。

高いと思いますか?それとも安いと思いますか?

大崎氏のパチンコ・パチスロの実戦スタイルは、もう完全なる運勝負です。釘を見れるような感じでないし(あまり見ていない)、パチスロの知識は乏しい。

養分稼動という実戦に近いのではないでしょうか?動画を見ても8万負けたとかという動画も多々あり、その割りに勝っているのが少ないように見えます。

自分としては妥当ではないかというのが正直な感想です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

spadosens

 - 勝負事 , , , , , ,