出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

都電荒川線で、「都電さくら号」を期間限定で運行 電車内を桜で装飾した限定号

   

都電荒川線で、「都電さくら号」、期間限定で運行します!

東京都交通局は、都電荒川線の沿線4区(荒川区、北区、豊島区、新宿区)と連携して、桜の装飾を施した、「都電さくら号」の運行を決めた。

 

運行期間は、3月18日(水)から、4月15日(水)の約1ヶ月の間

 

車両は、都電荒川線9002号

bus_p_20150302_h_1

電車内に桜の装飾をしてあります。

 

運行状況については、

下記の都電運行情報サービスから、車両検索→車号→9002号で検索できます。

 

都電運行情報サービス

※3月3日時点では電車運行時期以前だったので、検索しても

何もでませんでした。

記事引用

車内を桜で装飾 「都電さくら号」18日から運転 東京都交通局

乗りものニュース 3月3日(木)16時32分配信

昭和初期をイメージした電車を使用

 東京都交通局は2016年3月3日(木)、車内を桜のステッカーや造花で装飾した「都電さくら号」を運転すると発表しました。

早稲田停留場(新宿区)と三ノ輪橋停留場(荒川区)を結ぶ都電荒川線で、3月18日(金)から4月14日(木)までの運行。使用されるのは9002号(9000形電車)という、昭和初期の東京市電がイメージされた青いレトロ車両です。

「都電さくら号」の運行状況について、パソコンやスマートフォンから「都電運行情報サービス」で調べることが可能。東京都交通局は「春満載の都電に乗車し、沿線のお花見スポットを巡ってみてはいかがでしょうか」としています。

乗りものニュース編集部

spadosens

 - 国内記事 , ,