出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【ドバイの乞食は時給45,000円】皆で行こうと話題に!

   

2016年4月19日、台湾メディア・東森新聞雲によると、中国の路上に「プロのこじき」が現れ、年収が30万元(約500万円)にも上ると報じられたばかりだが、今度はドバイのこじきはそれを大きく上回る収入を得ているとして話題となっている。20日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

20140814041958_595204685_10137_8

アラブ首長国連邦(UAE)紙ガルフニュースによると、ドバイの市街地にプロのこじきが増えており、地元警察当局が59人のこじきを逮捕したところ、その全員がビジネスビザや観光ビザで入国した外国人だった。

yLKgf
取り調べによると、こじきが1日に得ていた金額は1人およそ9000ディルハム(約27万円)。毎日平均6時間こじきとして活動していることから、時給に換算すると1500ディルハム(約4万5000円)で、1カ月27万ディルハム(約810万円)という極めて高額の収入を得ていることが分かった。つまり、3カ月滞在するだけで、81万ディルハム(約2400万円)もの収入が得られることになる。

こじきの多くはモスクや商業施設の前におり、警察は周囲の環境を悪化させていると話すが、驚くほど高額の収入を得ているというニュースに、ネット上では「みんなでツアー組んで稼ぎに行こうぜ!」などのコメントが書き込まれている。

ドバイへの行き方

ドバイへは飛行機で行くことが可能です。

国内大手HISで調べたところ、飛行機代が一番安いので、燃油サーチャージャー等込みで57,210円。

フライトのサンプル

エティハド航空 
  乗継 1
2016/05/08 日 21:20 2016/05/09 月 08:50

ドバイのホテルは一番安い所で、1日、1部屋4,000円(勿論集団で行って、みんなでこの部屋に泊まっても大丈夫。海外のホテルは1室につき、いくらです。人数ではないので、部屋毎に収容可能人数というのがあるので、その人数以内なら、何人泊まっても1泊4千円)

10万円持っていたら、飛行機で約6万円。7泊して約3万円。残り1万で、移動などの交通費に使えば、1週間いけます。1日6時間こじきで、27万円×6日で、162万円。

日本人が行くなら、ビザ不要で、30日まで滞在できます。

30日以上滞在希望の場合は、追加料金で可能。

とは言え、記事を見ても問題視されていることだけは、事実。要するに本当は貧乏ではないのに、なりすましの乞食が出没しているから話題になってしまっているのであり、今から行ってもどうなるのかは分りません。

ドバイの物価

ドバイでは日本よりも意外と、お手頃なものが多くあります。まずは、フルーツ。日本で高価な南国フルーツのマンゴー、ランブータン、パパイヤ、ざくろ、ナツメヤシなど。そして、アラビア料理に欠かせないスパイスやナッツ類は、日本の市場の半額以下で購入可能。しかも、新鮮で種類も豊富なのが嬉しい! また、レストランで是非注文してほしいものに、ロブスターやハタハタなどの高級魚介類があります。場所にもよりますが、多くは日本の半額以下の価格で楽しめるのでおすすめです。

2kudamono

その他スーパーなどで購入するとお得なものに、チョコレート(1枚約1~3ディルハム/約25~75円)、現地産の水(500ml約1~2ディルハム/約25~50円)、コーラ(350ml約1ディルハム/約25円)、パン一斤(日本サイズの3倍くらいあるもの約3ディルハム/約75円)など……。

一方逆に、支払う前に確認してほしいもののには、シャンパンと日本酒があります。ご褒美旅行や新婚旅行の多いドバイならではの醍醐味といえるシャンパンなのですが、ワインが1杯20~40ディルハム(500~1,000円)くらいで注文できるのに対して、なんとシャンパンは1杯約130ディルハム(約3,250円)! そして日本酒も、場所にもよるのですが、徳利1本分の値段と思い注文してみると、おちょこ1杯しか出てこないなんていうこともよくある話です。

記事引用(ドバイの乞食が月収800万円の記事)

ドバイのこじきは月収800万円、中国のプロこじきも真っ青=「みんなで稼ぎに行こうぜ!」―台湾メディア

2016年4月19日、台湾メディア・東森新聞雲によると、中国の路上に「プロこじき」が現れ、年収が30万元(約500万円)にも上ると報じられたばかりだが、今度はドバイのこじきはそれを大きく上回る収入を得ているとして話題となっている。20日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

アラブ首長国連邦(UAE)紙ガルフニュースによると、ドバイの市街地にプロこじきが増えており、地元警察当局が59人のこじきを逮捕したところ、その全員がビジネスビザや観光ビザで入国した外国人だった。

取り調べによると、こじきが1日に得ていた金額は1人およそ9000ディルハム(約27万円)。毎日平均6時間こじきとして活動していることから、時給に換算すると1500ディルハム(約4万5000円)で、1カ月27万ディルハム(約810万円)という極めて高額の収入を得ていることが分かった。つまり、3カ月滞在するだけで、81万ディルハム(約2400万円)もの収入が得られることになる。

こじきの多くはモスクや商業施設の前におり、警察は周囲の環境を悪化させていると話すが、驚くほど高額の収入を得ているというニュースに、ネット上では「みんなでツアー組んで稼ぎに行こうぜ!」などのコメントが書き込まれている。(翻訳・編集/岡田)

 

spadosens

 - 海外記事 , , ,