出来事から時流を読む

ニュースや出来事から時流を読むブログ

【ドローンを使った配送サービス開始】楽天、5月9日から開始

   

楽天株式会社は、小型無人機「ドローン」を使った配送サービス「そら楽」を5月9日から千葉県御宿町のゴルフ場キャメルゴルフリゾートで始めると発表した。今後はほかのゴルフ場など利用可能地域を広げる方針。商用のドローン配送サービスは国内では初めてという。

ddd

ドローンとは、商用の小型飛行機で、画像のようなものです。

この空飛ぶ小さな飛行機(ドローン)に、ゴルフを楽しんでいる客から要望があった時、ゴルフボールとか、飲み物などを積んで、客のところに届けるというサービスである。

 

ゴルフ場というのはだっだぴろい芝生が敷き詰めてあるところで、通常スタートしたら、レストハウスという休めたり、食事や飲み物を楽しめる場所にたどり着くまでは、基本的に飲み物の自販機などは無い。しかしながら、夏は直射日光が降り注ぐ炎天下の中で遊ぶことが多く、日射病や、脱水症状を起こしてもおかしくないスポーツであった。このドローンによる宅配サービスがあると、のどが渇いたらドローンが持ってくるという、客にとっては大歓喜といえるぐらいの衝撃的なものかもしれない。

1605725i

今回楽天が提供するドローンの宅配サービスは、クラブハウスで荷物を積んだドローンが自律飛行して配達場所に着陸。荷物を自動で下ろしてから再度、自律飛行で戻る仕組みとなっている。ドローンにはGPSや、カメラが搭載できるので、そういうもので、依頼者の場所を認識できるのであろう。この仕組みを読むだけでも安全に商品が受け取れそうな感じがする。また送料も無料である。

 

このサービスに使うドローンは、楽天が出資している千葉大発ベンチャー「自動制御システム研究所」と共同開発した。全長が約130センチ、全高は約60センチで6つの回転翼を搭載。風の強さにも左右されるが約1・5~2キロの荷物を運ぶことができる。

この自動制御システム研究所のホームページに掲載されていたドローンの動画も掲載します。


 ドローンによる学校図書輸送の実証実験  門脇市長インタビュー

 

ちなみに、ドローンについては、Amazon、Google、ドミノピザなどが自社の商品を配達する目的で研究を重ねているものである。amazon等は、自社商品を購入した際、その輸送をドローンを使って行おうと考えており(今は宅急便などが配送しているが)、現在の宅急便などに代わるものとしての利用を検討しているとされている。

正直この動画を拝見するまでは、現実的なものとは思えないでいたのだが、この動画を見て、このドローンを使った配送サービスは、現実的に可能であるものと思えた。今後、楽天がゴルフ場での利用を開始することとなるが、このサービスの継続利用が大丈夫だと判断できる状態になったとき、通常の荷物の運搬に使われることが想定される。そうなった時、日本の運送業(特に小型貨物等)はどうなってしまうのか?なんて思ったりした。

3021cbcb0160663dff4e7a2f8809d0d2_300_225

記事引用(楽天がゴルフ場でドローンを使った配送サービスを開始)

楽天、ドローン配送サービスを9日から開始

産経新聞 4月25日(月)18時40分配信

楽天は25日、小型無人機「ドローン」を使った配送サービス「そら楽」を来月9日から千葉県御宿町のゴルフ場で始めると発表した。今後はほかのゴルフ場など利用可能地域を広げる方針。商用のドローン配送サービスは国内では初めてという。

スマートフォン用の専用アプリから飲み物やゴルフボールなどを注文して、ゴルフ場内の配達場所を指定すると、クラブハウスで荷物を積んだドローンが自律飛行して配達場所に着陸。荷物を自動で下ろしてから再度、自律飛行で戻る仕組み。配送料は無料という。

サービスに使うドローンは、楽天が出資している千葉大発ベンチャー「自律制御システム研究所」と共同開発した。全長が約130センチ、全高は約60センチで6つの回転翼を搭載。風の強さにも左右されるが約1・5~2キロの荷物を運ぶことができる。

 

 

 

 

spadosens

 - 国内記事 , , , ,